ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

インターネット通販で買った鰻を食べ比べて見ました。

2004年05月31日 09:45

前回分の冒頭で、東京で売られている「季節はずれの新仔鰻」のことを書きましたが、これが関西にも出回っているのがわかりました。
私の友人が、あるところで買ったのが「新仔380円」という表示の小さめの蒲焼き。
「そんなあほな・・・まだ、新仔は、九州も三河も出てへんで」ということで、これが「怪しい鰻だ」という話になったわけです。

「日本養殖新聞」さんが、「中国産の鰻蒲焼をリパックして販売している」という報道をされたのは、2000年の9月5日号でした。
私はこれを見て、鰻業界として、そういった商品が出まわっていることを、はっきり認めたということで、画期的だと思いました。
それで、この問題を私が主催しているfishmlに投稿し、会員の皆さんの論議にかけ、出てきたご意見をまとめてホームページに掲載しました。
鰻の偽装表示問題が社会的に問題になった端緒は、これなのです。
 http://www.fishml.com/uonoryutu/ripakkuunagi.htm

それ以来、もう3年半もたっているわけで、その後、テレビ・新聞などで色々と報道されていますが、いまだに根を絶つことができていません。
それどころか、不景気が浸透する中で、末端小売業者の経営悪化が進み、会社をつぶしたくない、なんとか利益を出したい、という当たり前の願いにつけこむ形で、悪辣・巧妙な手段が使われるようになってきたと思います。
この状況について、私が問題に思うのは、行政がこうした消費者騙し、不正に対して、その根絶を目指して強力に取り組んできたかどうかということです。
私が、一消費者として見た感じでは、とても本気でやっているように思えません。
なぜなら、業界で、「あれはなーー、****や」と、苦々しく語られているにもかかわらず、実際、手つかずで、同じような偽装表示商品が繰り返し出回っているのが実態なのですからね。
問題の抜本的解決を図るためには、嘘つき食品から消費者を守るガードマンとしての役割を、行政・担当部署が「強力」に果たしていく事が必要でしょう。
その責任が問われていると思いますし、そうした自覚を持って取り組んで頂きたいです。

さて、本題の「インターネット通販で買った鰻の食べ比べ」ですが、まず、お断りしておくことがあります。これから書くことは、あくまで「私自身の味の好み、基準」で評価したものであって、それは全ての人にあてはまるものではありません。
私の好みは、関西風の焼き方でタレは甘口です。
良く焼いた鰻が好きで、焼きが浅く蒸しで火を通した鰻は嫌いです。
そうした基準で評価した結果だと言うことです。
また、各メーカーさんには義理はありませんし、便宜も受けておりま
せん(すべて、きちんとお金を払いました。)ことを明確にしておきます。
試食したのは、一色鰻漁協、駿河淡水、四万十うなぎ、忠平の4社の鰻蒲焼です。
通販鰻の比較

一色の鰻は、一番サイズが小さ目で良く焼けていました。
炭焼きとは味が違いますが、まあまあ美味しかったと思います。
駿河の鰻はサイズが一番大きいのですが、焼きが少し甘く、蒸しで火を通している感じがして、私の好みではありませんでした。
四万十の鰻は駿河の鰻よりさらに焼きが甘く、私の基準ではダメです
ね。
タレがしつこく、その点でも私には合いませんでした。
忠平の鰻は、唯一、完全な関東風の焼き方で柔らかく、いわゆる「私の嫌いなタイプ」なんですが、どういうわけかこれが美味い!
これは「板東太郎」というブランド鰻で、原料がいいのでしょうね。
タレも後口が良く、言うことがありません。おすすめです。
ということで、順位をつけるとすれば、1位・忠平、2位・一色、3位・駿河、4位・四万十となります。
4位になった四万十さん、ゴメンナサイね。
この食べ比べの詳細は、下記URLを見て頂きたいと思います。
 http://www.fishml.com/unagi/tabekurabe3/tabekurabe3.htm
 2004年5月31日
スポンサーサイト

特集 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。