ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「今年のブリは安い。安く売って、たくさん食べてもらいましょう」

2001年11月15日 06:59

隠岐のぶり
私は、滋賀県の山の中の団地に住んでいます。
今年の夏ごろから、暗くなると近くの森からタヌキの家族が七頭も出てくるようになりました。
開発が進んで、タヌキ君達も山に住みにくくなったのでしょう。
彼らは彼らなりに、人間との共存を考えているのかもしれませんね。
近所の人が、食パンの耳をやっているのですが、このタヌキ君達、あまり人を怖がりません。
ただ、猫は怖いらしく、うちのメス猫「モモ」に追いかけられてるそうです。
さて、今回のテーマはブリです。
このところ、ぐっと気温が下がってきましたので、そろそろ「鍋物シーズン到来」「ブリ本番」になってきました。
前号、前〃号と2号連続して本紙に「養殖ブリの相場が安い」という記事が出ていました。
先日、東京から友人が出てきて「京都の市場が見たい」というので、案内しました。
そのときに、京都のブリ相場を確認したのですが、ラウンドでkg1000円ぐらい、フィレでkg1500円~1600円ということでした。
この相場、確かに安いですね。
ランクの低いものなら、3桁の価格も出ているでしょう。
こうなると末端売価100g198円でも、少しは利益が出るという状態ですね。
ラウンドで仕入れ、刺身と切り身で売った場合、当然刺身は切り身より売価を高くつけられますから、その分利益率が高くなります。
もっと、いろんなアイテムを作り、アイテムごとの売価に変化をつけることにより利益率をあげることも不可能ではありません。
言ってみれば、それが現場の仕事だし、サカナヤとしての力を発揮できる部分の一つです。
たとえば、刺身盛、刺身用短冊、切り身(厚切り、普通切り、鍋物用、しゃぶしゃぶ用、)、カマ、上アラ、並アラ、レバー等々。(レバーを売っているお店は見たこと無いですが、先日、友人にすすめられてレバーの煮付けを食べました。そこそこいけますよ。栄養価も高いしね。)
腹身と背身を別の値段にすることもできますし、g売り、p売りで変化をつけることもできます。
このように少し手間をかけて、一尾のブリからいろんな商品を作り「***産地直送ブリフェア」とかの名前をつけて売り出すと、けっこう売れるものですし、売り場がにぎやかに華々しくなります。
こんなことを考えながら、先日の土曜日に職場の近くのDスーパー(経営再建中)を見に行きました。
この時期になると、土曜日にブリの特売をするところが多いのですが、この店では「2パック680円セール」というのをやってまして、売り場の商品のほとんどが、その価格帯に合わせた設定になっていました。
ブリは、2切れ398円と480円(中身がどう違うのかわからなかった。)、厚切り1切れ480円になっていました。
アラは、無造作に他の魚のアラと一緒においてありました。
つまり、この時期、中心にならなければいけないブリが、他の魚と同じ位置づけなんですね。
「芸がないなあ」と思いましたね。
もちろん、ブリが完全に売り場の中心になるのは12月からなのですが、9月サンマ、10月アキサケという旬の魚の流れがあり、11月の売り場の主力を「養殖鯛」でいくとしても、12月本番に向けての「ブリ販売の展開」を考えると11月も主力魚種の一つであることは間違いないのです。
まして、仕入れ価格は安いのですから、早めに積極販売に打って出ることで12月本番での売り上げアップに貢献できると思うのですが。
その点では、このお店のブリの位置づけは弱いなあと思いました。
まして、一方では、まだ「生さんま」を山積みにして売ってるのですからね(これって、全くピントはずれですよ。)。
ブリという魚は、これだけで小さ目の平台一本の売り場を作れる魚ですから、もっと重視してほしいですね。
小売り価格的にも、そんなに安くなかったし、これでは「ブリの消費」も進まないなあと思いましたね。
もう一軒のお店でもブリ価格を見たのですが、Dスーパーと似たような価格。
養殖ブリの相場下落が小売価格に反映していないなあと思いました。
原価が安いときは、小売価格も安くして消費が進むようにしなければいけないと思います。
鰻にしても冷凍エビにしても、相場が下落して産地は苦境に陥っているにもかかわらず、末端価格が下がりきらず消費がすすまない。
このところ、こういう傾向が顕著に表れてきているような気がします。
相場は安いは、売れないは・・では、産地は大変です。
養殖の場合、ある時期がくれば、次の生産のために生簀を空にしなければいけません。
したがって、「投売り」や「換金売り」なんてことも出てくるのですが、安くても売れればまだいいほう、売れなければ生簀が空かないし、次の生産ができないのです。
中間や小売の段階で、利益ばかり追うのは罪なことだよなーーーと、この頃思っています。
「産地」「流通」「研究者や行政」これにプラスして「消費者」、魚に関わる関係者が一体になって、日本の養殖業の展望を切り開いていくことが必要です。
それにはまず、オサカナをもっと食べること、みなさん、原価の安いブリは小売りでも安く売って、消費者の方にたくさん食べていただきましょう。

少し話が変わりますが、先日、島根県の隠岐で養殖をやってる友人が、「天然ブリがあがってるよ」と言ってきたので、「安かったら送ってよ」と答えたら、8.8kgものを一尾送ってくれました。
値段を尋ねると、なんとkg1000円。
まあ、これに「送料」「箱代」がプラスされたのですが、それにしても「脂のりのり」の天然ブリがこの価格とは「驚愕」でした。
日本海の天然ブリは、氷見港などではkg2000円を下回ることはめったにないですね。
京都の舞鶴でも、安くてもkg1500円ぐらいはすると思います。
それを考えると、隠岐の天然ブリ、値段だけみても超お買い得でした。
食べてみると、これがまあ、ほっぺたがこぼれおちるぐらい美味い。
うちの嫁さんは、巻網船団の基地で有名な生月町の出身で漁師の娘ですから、魚の味には非常にうるさい。
めったに「美味い」とは言わないのですが、このブリの腹身を食べ「とろっとしておいしい」と言いました。
私は、隠岐のブリを賞味しながら、天然ブリがこの価格なら養殖ものは勝てへんなあと思いました。
脂の質が全く違うと思ったのです。
養殖業者さんが目標とするブリの味は、いったいどんなのか、一度尋ねてみたいなと思いました。
スポンサーサイト

記事 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。