ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

鰻の価格は異常高騰、もうスーパーでは売れませんね

2012年03月02日 14:16

昨年の10月にスーパーまわりをして、滋賀県大津市南部地域での鰻販売価格を調べています。11月と今年1月は、鰻料理店のチェック、昨年12月は、時期的な関係もあって、インターネットで販売されているギフト用の鰻をチェックしました。
順番からいくと、今月度はスーパーでの鰻品揃えと価格のチェックとなります。
3年続きのシラス不漁のもとで、鰻価格は異常な高騰になっています。産地の加工場は操業を止めているところが多いようです。原料が少ない上に、手にはいってもたいへんな高値で、製品に加工しても売れる見込みがない、そんな状態なのでしょうね。

この間、うちの近くのいくつかのスーパーを見て回りましたが、総じて「異常な高値」で販売されていて、とても手を出す気になれませんでした。いくつか紹介します。
中京地区を地盤とするAスーパーでは、先週まで1980円だった国産店内焼き鰻が、1週間後には2300円になっていました。このレベルの小売価格は、京都の錦市場あたりなら許容されるかもしれませんが、滋賀県のスーパーでは「あり得ない」と言ってもいいような価格です。「売れるんかいな?」と呆れてしまったのが実際です。
このスーパーでは、多段ケースの下段で産地加工の鰻も品揃えしていましたが、これも、狂気の価格だと私には思えました。商品は宮崎産表示の鰻で、大きさは4.5か5pぐらい。特売のPOPがついて、2尾2760円、1尾1380円。「こんなの、POPつけて売る意味あんのかねー。」と思ってしまいましたよ。
私が企画担当、もしくは店舗水産チーフなら、ここまで高値になった鰻は、もう店では売らせませんし、売りません。もし店長をしていたとしたら、水産商品部に苦情を言うでしょうね。「我々の店において、ここまで高値になった鰻を品揃えする価値があるのかどうか、商品部・企画部・店舗運営部などで論議してくれ。」と。

全国チェーンのBスーパーでは、国産の5Pか5.5Pぐらいの小さな鰻が、1尾1580円でした。多段ケースの下段に陳列されていましたが、売れないのでしょうね、「20%引き」のシールが貼ってありました。この大きさなら、有頭で130gぐらいでしょうし、2人前の鰻丼用としても厳しいですね。2人前取るとすれば、ごく薄くスライスして枚数を多くとり、丼の上に広げるようにしないといけないでしょう。それにしても、1人前での鰻代が790円ですよ。ここでも、とても買う気にはなりませんでした。
上段では、4Pぐらいの鰻のハーフカット真空パックが、980円で売られていました。
見た感じはとても貧弱なもので、嫁さんが「あんなん、誰が買うんやろ?」と言ってました。
ここで気になったことがあります。このスーパーは全国チェーンなので、いつも同じブランドの鰻が売られているんですけど、この日はいつもと違うメーカーの鰻が売られていました。スポット買いだったんでしょうか??

滋賀に2店だけある超ローカルのCスーパーですが、鹿児島県産表示で5Pぐらいの鰻を、1尾980円で売っていました。パックの裏を見てみましたが、加工場の表示はありませんでした。うーーん、これはどうなんでしょうかねえ。今の時期、この価格で国内産の鰻を売れるというのは、なにか「訳あり」としか考えられません。まさか、中国産に「鹿児島産」シールを貼り付けてるわけではないでしょう、そう信じたいですね。

鰻業界では、今年いっぱいはこの状態が続くのではないかという予想がされているようですが、果たして「土用の丑」はどうなるのでしょうね。私がいちばん心配なのは、偽装された商品が出回ることです。「土用の丑」には、高くても鰻を食べたいという消費者は多いです。ここで「うまく国産に偽装すれば儲かる」わけですが、そのようなことが起こらないように、一消費者としてお願いしたいと思います。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。