ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

地元の人なら誰でも”あそこは美味しいよ”というのが『ちか定』さん

2012年01月25日 10:05

皆さん、あけましておめでとうございます。
今年も、シラス漁の状況が良くないようで、噂では「浜値130万」とかの超高値も聞きます。現状でも、鰻の小売価格は、食品スーパーでは売りづらい価格帯(国産1尾1000円超)となっていますし、現に、売り場を狭めたり品揃えをしぼるスーパーも出ています。シラスの浜値がこの状況では、さらなる小売価格の上昇になるのは確実ですから、「主力商品」扱いをやめるスーパーが出てくるかもしれませんね。鰻業界としては、たいへんなことだと思います。

だいぶ前から、年収300万円に満たない世帯が、全世帯の25%ほどになるということが言われています。年収300万円から、年金保険料・健康保険料・家賃・光熱費・教育費など必須の費用を引けば、可処分の所得は僅かしかありません。「日々、食べていくのが精一杯。とても、鰻のような贅沢なご馳走は食べられない。」という世帯が増えているというのが現状だと思います。

そんな状況のもとで、民主党内閣の野田首相は、「社会保障と税の一体改革」を進めようとしています。「改革」案のなかみですけど、、、、
★消費税を、14年4月から8%、15年10月に10%にする。・・・ますます、経済の悪化を深刻化させますし、国民の生活は苦しくなります。
★年金支給額を引き下げる。年金保険料を引き上げる。・・・年寄りも現役も、政治にいじめられるわけです。
そのほかにもありますが、ここに上げた事項だけでも、いまより生活が厳しくなるのは予想できますね。

主体的にも客観情勢にも、いままで以上の厳しさが見られる中、鰻業界としてどのような対策を取るのかが問われていると思います。
「贅沢なご馳走」路線か、「大衆のおかず」路線か、どの道を目指すのか、鰻業界人それぞれが、真剣かつ深刻に考えるべき時期に来ているように思えます。

通常なら、年明けのスーパーでの鰻の品揃えと価格のチェックをする時期なのですが、まともに品揃えしていないスーパーがあるため、今年はやめることにし、「鰻料理屋さん探訪」の3店目「ちか定」について報告したいと思います。
「ちか定」は、地元の人たちに大人気、インターネットの「食べログ」でも評判のお店です。銀行の営業さんも「あそこはいつもいっぱいですよ」と言ってました。
瀬田唐橋から、東岸の湖岸道路を少し北上し、JRの高架を過ぎてすぐ右側に見えるお店です。表側は、写真のとおり目立たない作りですから、見逃さないようにしましょう。なお、この道は車が多いので、店前での右折には細心の注意を払っていただきたいです。
tenpo.jpg

鰻丼・ひつまぶし・定食・鯉定食・てんぷら定食などメニューは豊富で、鰻を食べられない人も同伴できます。(鰻が苦手の嫁さんも連れて行けました)
私の頂いたのは「竹定食」2400円です。
teisyoku.jpg

炭焼き鰻2切・鯉刺身(洗いではない)・う巻き・酢の物(アマゴの稚魚?)などです。鰻の味はいいのですが、2切というのがちょっと残念でした。う巻きは、京風のダシの利いたのではなく、もっと素朴な味でした。鯉は少し水っぽい感じがしました。酢の物はまろやかな味で美味しかったです。
料理のコンセプトに係わりますが、鰻はもう少し小さい切り身にして、3切れ盛りにしたほうが、見栄えがするように思いました。
琵琶湖・瀬田川を訪ねられる時には、「ちか定」での食事も候補に入れてくださいね。
naibu.jpg

スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。