ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

近くの量販店での、土用の丑のウナギ品揃えについて

2009年08月13日 09:55

土用の丑の19日は日曜日でした。日曜日は混雑しますし、一日で数店を廻るというのは大変です。どこのスーパーでも、前日の18日から土用の丑の売り場を作りますから、18日に4つのスーパーを廻ってきました。
イオンモール草津のSATY、フォレオ一里山のスーパー「ピアゴ」(水産テナント・タカギ)、平和堂系の食品スーパー「フレンドマート」南郷店、うちの団地にある独立系のスーパー「エフマート」の4店です。各店の品揃えを検証してみました。

★中国産の品揃えと価格は下記のとおり。大きさは写真参照。
●平和堂・フレンドマート・・・498円
●SATY・・・798円(大きい・シールで20円引き)
●ピアゴ本体・・・598円(割と大きい)
●エフマート・・・398円(いちばん小さい)
●タカギ(ピアゴのテナント)・・・480円
chugoku

中国産については、大きさも価格もバラバラで、各スーパーによって売れ筋についての考え方が違ったようです。5点とも食べましたが、以前のように味や品質の差がありません。どれを買っても、価格なりに納得できる味だと思います。中国鰻のレベルアップがはっきりわかります。
なお、二の丑の日にピアゴ(タカギ)を見に行きましたが、同じ商品が値下げされていました。ピアゴ本体の598円商品が498円に、タカギの480円が2尾で880円になっていました。ピアゴでは、「中国鰻の売れ筋500円ライン」は、あたっていたようですね。

★国産品の品揃えは各店とも多数のアイテムがあり、すべてを把握できていません。各店の代表的なアイテムを購入してきました。写真参照。
kokusan

●SATY・・・グリーンアイの鰻蒲焼 1180円(シールで20円引き)
●ピアゴ・・・兼光水産 1280円
●平和堂・フレンドマート・・・山田水産 980円と1580円
●独立系のスーパー「エフマート」・・・(株)奈良 1680円
●タカギ(ピアゴのテナント)は、店内焼きの鰻(1680円)を売っていました。(写真なし)
平和堂・フレンドマートは。写真の2種+1280円(すべて山田水産)の3アイテムでした。なにが売りたいのかということがわかりやすい売り場で良かったのですが、4店中で唯一の「国産980円」が貧弱すぎて、ちょっと残念な気がしました。相場的に見て、国産980円の設定は無理があったと思われます。
SATYの国産鰻は4~5種類あって、選ぶのに苦労するという状態でした。ただし、売りたい商品ははっきりしていて、グリーンアイの鰻蒲焼1180円のばら売りでした。私自身、これにはびっくりしました。この商品は特徴のある商品なので、大切に売って頂きたいと思うのですが、これを土用の丑の日にばら売りとは、イオンのバイヤーさんは思い切った企画を打ったなあと、いい意味でも悪い意味でも感心しました。
売り場作り、アイテム数、価格ラインなど、とにかくSATYでは圧倒されたのですが、逆に消費者側としては、あまりにも選ぶ対象が多すぎて、どれを選べばいいのかわからず、鰻売り場の前で考え込んでしまうといった状態もありました。
SATYと平和堂・フレンドマートはコンセプトとして対照的な売り場になっていましたが、はたしてどちらがいいのか、なかなか難しいところだと思います。

中国鰻で感じたのと同じですが、味や品質については、国産鰻も、すべて一定の水準は確保されていると思いました。飛び抜けて美味しい鰻も無かったけども、悪い鰻もない、かなり高い水準で安定しています。
産地偽装や薬品の問題など、消費に関わる悪い出来事がたくさんありましたけれど、それらがある程度淘汰され、悪い品物は流通(しなく)できなくなっているような気がします。これは、消費者にとって良いことですし、業界の健全な発展のためにも良いことだと思いますね。
test


鰻を買う場合の選択肢として、下記のようなことが考えられます。
1,国産品か輸入品か。
2,価格はいくらぐらいか。
3,大きさはどうか。
4,メーカーはどうか。
5,品質はどうか。(添加物とか)
(味も選択肢に入るんでしょうが、これだけは食べてみないとわかりませんし、「買う」という段階では選択肢に入れるわけにいきません。)
以上のような選択肢ですが、メーカーなどは普通の消費者にはわかりません。品質についても、表示されていることを信用するしかないです。(表示が信用できないなら、それは「食べない」という選択肢しかありません。)
結局、実際の有効な選択肢としては、「産地」「大きさ」「価格」の3つとなるでしょうね。
そんなことを前提にしつつ、今回試食した鰻の中から一点だけ選ぶとすれば、これです。
★SATY・・・中国産鰻蒲焼 798円(大きい、メーカー名の表示なし)
選んだ理由は、第一に大きくて安いことです。(コストパフォーマンスが高い。)中国産だからと言って忌避する理由は無いと思うし、そうなると価格勝負となります。残念ながら、国産ものは高すぎて、選択の対象になりにくいのですよ。

滋賀県の一部地域での土用の丑の状況を報告させていただきました。
今日、やっと梅雨があけましたさっそく、暑くなっています。鰻の本番はこれからという感じもします。みなさま、体調に気を付けてがんばってくださいね。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。