ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

牛丼チェーン店の鰻丼・鰻弁当を比べてみました

2009年06月26日 02:16

梅雨に入りましたが、一週間ほど前から実質上は「梅雨」状態の天気が続いています。
5月の末頃から、牛丼チェーン店では鰻丼・鰻弁当の取り扱いが始まっていますが、残念ながらお天道様は鰻販売の後押しするより、足を引っ張ってる感じになっています。
やっぱり鰻は、暑くならないと盛り上がりませんよ。

うちの近所には「吉野家」「すき家」「松屋」とありますが、鰻丼・鰻弁当を扱っているのは「吉野家」と「すき家」ですので、さっそく買いに行きました。
売ろうという意気込みは「すき家」が勝ってますね。取り扱っている鰻の産地や品質検査などを説明したパンフレットを店に常備されてますし、ホームページでも品質検査の説明を見ることができます。
panf

残念ながら、「吉野家」にはそういうのはありません。店舗に説明のポスターがあるかと思いましたが、みごとに「なんにもなし」でした。ホームページでは「鰻・・・中国」とあるだけです。

「すき家」ホームページ http://www.zensho.com/
「吉野家」ホームページ http://www.yoshinoya.com/index.html

比較試食が目的ですので、店舗では食べず、テイクアウト用の商品を買って、家で交互に食べました。先に結論を書きますと、「すき家」の鰻弁当はおすすめです。
値段は、「すき家」620円(ご飯大盛りのため。並盛りの場合は590円)、「吉野家」520円で、100円の差です。

「すき家」の鰻弁当
sukiya

「吉野屋」の鰻丼
yosinoya

ふたつ並べて見ると、明らかに「すき家」→美味しそう、「吉野家」→貧弱で、私は見た感じだけで瞬間的に「100円の差なら、「すき家」のを買うなあ」と思いました。
問題は、「吉野家」商品で使われている鰻ですね。大きいサイズの鰻を短冊状にカットし、ご飯の上に並べてるんですけど、、、、「うーーん、これが「うなどん」か?なんか、片腹痛いわ」という感じなんですよ。
その点、「すき家」製品の鰻は正当派で、値段以上の立派さを感じさせますし、「食べたい」という気持ちになります。
ということで、食べる前から勝負がついてしまい、ちょっと残念な気分でした。

さて、味のほうですが、これは私の好みが入るので、公平性には欠けるかもしれません。
まず、「すき家」の鰻弁当ですが、鰻の味は「普通の鰻を食べてる」という感じです。ちょっとした「鰻のこげ具合」も、風味をアップさせています。タレもよけいな甘さがなく、ご飯自体も美味しいです。「鰻とご飯とタレが合ってる」という感じで、トータルとして美味しいのですよ。これが620円なら妥当と思います。
その点、「吉野家」のほうは、「鰻とご飯とタレ」のアンサンブルがうまくいっていない感じがするんですね。サイズの大きな鰻を使っている関係で、鰻は深蒸しでトロトロです。その上、私の食べたのは、ちょっと骨があたりました。タレがちょっと甘いうえに、ご飯自体が「すき家」製品ほど美味しくないのです。トータルとして見ると、「吉野家」のテイクアウト用鰻丼は、520円の値打ちが感じられないですね。

結局、見た感じも味も、「すき家」製品の勝ちというのが、私の比較試食の結論です。

話が変わりますが、店作りという点からして、「すき家」と「吉野家」では違いを感じます。
なんとなく「吉野家」の店作りは安っぽいので、出てくる料理自体も安っぽさを感じてしまいます。
従業員教育という点でも、「すき家」のほうが優れている感じがします。
たまたまかもしれませんが、私が行った「吉野家」では、こちらから請求しないとレシートをくれませんでした。たぶん、レシートを受け取らない客が多いからなんでしょうが、そういうのに流されること自体が、従業員教育上の問題だと思います。

牛丼業界も競争は厳しいと思うのですが、立地と店舗作り、商品企画、従業員教育ETC、トータルに力を入れていかなければ、消費者に支持されなくなると思いますね。
その点では、鰻の商品作りと私の買いに行った「吉野家」店舗だけで見るならば、「吉野家」はちょっと具合が悪いんではないでしょうか。まあ、これが私だけの偏見だったらいんですけどね。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。