ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

金融危機は恐慌へ進むのか?鰻価格はいまこそ見直されるべきです!!

2008年10月19日 06:20

最初に、巷のウワサ話を、ちょっと脚色しながら書いておきます。(^_^;)

★横丁のご隠居:おい、あんたとこで蒲焼きを買うたけど、あんまり美味しく無かったで。一種類だけしかおいてないし、、、、どうなってんねん。それに、あのサイズの国産鰻で、あの値段はちょっと安すぎや。なんかおかしいで。

★鰻や:そうですか。すんまへんなー。とにかく、売れて無いんですわ。在庫がたまってたまって、往生してますんやわ。儲けは度外視して、なんとか売れそうな値段をつけて出してますんですけど、それでも売れまへんね。ほんま、困ってます。もう仕入れ値が、5000円を越えてますんやわ。

★横丁のご隠居:そうなんかいな。10年ほど前は、高うても4000円ぐらいが上限やったけどなあ。巷のウワサでは、6000円のもあると聞いとるけど、そんな値段では誰も買わんわなー。

★鰻や:そうですねん。いまの値段は無茶苦茶でっせ。買うて食べてくれる人のこと考えてない値段でっさかいなー。ほんま、商売になりまへん。そのうち、私ら鰻やは、クビくくらなあきまへんわ。

★横丁のご隠居:よその店やけどなー、台湾産の蒲焼きが並んでたで。買うてきて食べたけど、味はまあまあやったし、値段はリーズナブルやし、あれはえーで。あんたとこもおいたらどうや。このごろ中国産は売りにくいけど、台湾ものやったら売れるやろ。

★鰻や:そうですか、台湾物、美味しいですか。ちょっと思案してみますわ。

こういった巷のウワサを、総務省の家計調査報告が証明してくれました。
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20080930/315852/
鰻蒲焼は、土用の丑の大売れがあったにもかかわらず、14カ月連続で減少となっています。

安い中国産が売れなくなり、需要が国産に集中しています。
しかしながら、如何に国産といえども、1尾1580円もすれば、「ふだんのオカズ」としては、普通の人には手が出ないです。売れが減少して当然ですね。
このところ、鰻業界にとっては幸いなことに、汚染米の問題が大きくなったと思ったら、リーマンの破綻と金融危機で巷は大騒ぎになり、鰻偽装の事はとりあえず後ろのほうに下がってしまいました。
いまこそ、業界として反転攻勢に出るべきだと、私は思っています。
もちろん、価格の修正が前提になります。

アメリカから発生した金融危機は、実体経済にまで影響を及ぼしつつあります。
リーマンの破綻は「よその国の事」と考えていた日本国民も、大和生命の破たんで金融危機を身近に感じ始めたでしょう。
今日の東証終値は8276円で、5年4カ月ぶりに9000円を割り込みました。
このような株価の大幅な下落は、一夜にして数百万円の損害をこうむる人が生まれるなどの悲劇が発生しています。
これらをマスコミが報道し、人々の不安感を増大させています。
一方、働く人々の給料は上がりませんから、より安いものを求める傾向が大きくなります。
そんな中での鰻の高値ですが、いつまでこの調子を続けるんでしょうか。
シラスの時期も近づいて来ました。そろそろ価格の修正があってもいいと思いますね。

最後に、貧乏人むけのメニュー「鰻の炊き込みご飯」をご紹介します。
鰻やにとっては儲からないメニューですが、貧乏人にとっては「生活を守るメニュー」となります。

unagimesi

5pぐらいの鰻蒲焼1尾を使います。1センチ角ぐらいにカットしておきます。
カットした鰻蒲焼、適量の乾燥ごぼう、乾燥人参を、お米3合と一緒に炊飯器に入れ、水加減をして、鰻のタレと醤油などで味を調整します。
乾燥ごぼう、乾燥人参は水を吸うので、水の量はふだんより多めにして下さい。
あとは普通に炊くだけです。味つけがうまくいけば美味しく食べられます。
この料理のメリットですが、鰻の量が少なくても、ちゃんとした鰻料理を食べた気になれるところですね。(^_^;) ぜひ、みなさんもお試し下さい。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。