ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「土用の丑まで僅かです。みんなで盛り上げましょう」

2002年07月15日 07:40

鰻どんぶり
この原稿を書いているのは7月10日の夜、土用の丑まであと10日です。
昨日までの数日間は暑い日が続いており、「これなら鰻は売れる」と思っていたのですが、ここに来て台風が本土直撃、それも6号、7号と続いており、気温も急降下。
またまた、鰻が売れにくい状況になりつつあります。
それでなくとも、週刊誌やテレビ等での鰻に関するいろんな報道が、鰻の安全性に疑問を持つ消費者を増やすような状況にあるわけで、いっそう厳しいと言わざるをえません。
鰻業界が一丸となって、この事態を克服し、土用の丑を契機に、さらなる飛躍を目指して頂きたいと思います。
そんななかで、九州で新しい組織ができるとかいう話を聞きつけましたが、これが「業界の分裂」のようなことにならないか危惧します。
今ほど、業界が団結し、目前の障害を乗り越え、前向きな政策的提言をしていくことが求められている時はないと私は思うのです。
さて、小売り側の状況ですが、中国産の鰻の安全性に疑問符がついたということに影響されてか、量販店の主力は国産鰻にあるようです。
この間、見に回ったのは5店ですが、うち3店が国産鰻、2店が中国鰻が主力でした。
これらのうち4店を報告します。
経営再建中のDですが、ここの主力は中国産、無頭の4p程度で498円だったか。2.5p程度のでっかいやつで、798円でした。
もちろん国産も品揃えしていて(たぶん4pサイズ)1尾880円でした。
鰻の売り場は、陳列フェース、陳列量ともわずかで、暑い日であるに関わらず「鰻を売ろう」という売り場になっていませんでしたね。
もちろん、土用の丑の日には大々的に売るのでしょうが、それまでにどんどん食べてもらわないと土用の丑に思ったほど売れないということになります。ちょっと心配です。
優れているなと思ったのはIYさん。主力商品は静岡産の無頭4pぐらいのサイズ 1尾798円。
備長炭使用というシールを貼っていたので、機械での炭焼きでしょうか。
あと、バラウリの中国産4.5pぐらいのが298円。大きめの中国産が498円。
串鰻が3入で798円?の品揃えでした。
何が優れているかというと、国産蒲焼きを800円以下というリーズナブルな価格で品揃えし国産派の取り込みを狙い、産地にこだわらず安さを求める人には、中国産を298円で提供する。
298円のバラウリは、つい手が出そうになるほど魅力的でした。
ちょっと心配なのは、どうしてもバラウリの安い鰻が目立ってしまい、主力の静岡産が霞んでしまうのではないかという点です。
人がついて試食をさせていましたので、そのあたりのぬかりは無いとは思うのですが。
醍醐という所にあるダイゴロー(笑)という建物内のHというスーパー(滋賀県が地盤)では、テナントの塩干屋さんが霧*湧*鰻を1480円(4p?)で売ってました。
小さく、「稚魚から国産です。」と添え書きがしてありました。それにしても高いですね。
魚のコーナーの品揃えは、バラウリで「桜島」ブランドの国産蒲焼きを980円(3.5p?)で売ってました。
同じブランドの少し小さめ(5p?)は、2尾1080円でした。
中国産は、かなり大きいのが2尾1080円、1尾598円でした。
それにしても、国産の1尾980円をバラウリするという考え方が、もひとつ良くわかりません。
次は、大阪を地盤にしているIZというスーパー。
ここは品揃えが多く、売り場がすっきりしていなかったので、全部のアイテムを紹介できません。
主力は中国産のフランス種です。3.5pですかね。1尾480円、2尾880円、3尾1320円。
下段はこれだけでした。2尾を中心に陳列していました。これは当然でしょう。
「炭焼き仕上げ」というシールを貼っていましたので、機械焼きの最後に炭火を入れるという焼き行程なのでしょうね。この焼き方は美味しいのでしょうか、私は?です。
炭焼き蒲焼きも品揃えしていましたが、6pサイズくらいで1尾580円、2尾1060円。
なんとも貧相な鰻でした。これは不必要な品揃えですね。
このへんが、このスーパーの弱点ですね。
差別化商品なら、差別化商品らしいモノを売るべきで、こんな見劣りするような商品を売ったらいかんですよ。

最後に、私はfishmlというメーリングリストをやっているのですが、今年は鰻のことが話題にのぼるのが激減しています。
昨日(7月9日)、サンマの初水揚げがあった関係もあり、昨日今日と投稿されるメールはサンマのことばかり。
本来なら鰻の話で盛り上がったあとで、サンマや秋鮭の話題になるのですが、今年は鰻は無視されたような状態になっています。ちょっと心配。
やっぱり夏は鰻ですよ、サンマは秋になってからでいい。
私も、少しでも多く鰻を食べてもらおうと、車に「うなぎはやっぱ国産だね!」のシールを貼って走ってます。みなさん、栄養満点の鰻を食べましょうね。
スポンサーサイト

記事 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。