ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

内陸部の小都市のイベントで、鰻の店頭販売に出会って感激しました & 中国との関係について

2010年10月26日 10:44

尖閣諸島を巡る日本と中国の関係緊迫化については、昨日、大手ゼネコン「フジタ」関連の方の釈放によって、とりあえず表面上は一段落しました。
この問題については、鰻業界のみなさんも、心配されたのではないかと思います。
尖閣諸島は近代まで「無主の地」であって、どの国も領有していませんでした。
1884年に日本人がこの島を探検し、1895年の閣議決定によって尖閣諸島を日本領に編入しました。歴史的には、この措置が「先占」にあたり、国際法で正当と認められている領土取得にあたります。したがって、尖閣諸島が日本領であることは、国際法上も明確なのです。歴代の日本政府が、世界に対して、尖閣諸島が日本領であることの正当性を明確に宣言して来なかったことに、現在の混迷の原因があります。いまこそ日本政府は堂々とその大義を主張するべきだと思います。
日中関係は、日本にしても中国にしても、(下世話な書き方をしますが)喧嘩別れできるような関係にはないと思います。経済的に見ても地理的条件で見ても、日中は友好的であることに、お互いに利益を得られる関係にあるはずです。そうである以上、それぞれの国民の一部分において、いろいろな感情的行き違いがあるとしても、国と国との関係では、クールでかつ、相互に論理的公平性を持った上での友好関係を維持することが必要と思います。
鰻という商品を巡っても、お互いに商売ですから、それぞれにとって適切な利益がでるようにしなければなりません。そして、買ってくださった消費者の方に、美味しく食べて頂くことも大事で、それが日中双方の売り手側の利益につながってきます。
「売り手よし 買い手よし 世間によし 三方よし」という近江商人の商売の心得を、いまあらためて見直すべき時だと思います。

この間、個人的にいろいろありまして、落ち着かない日を過ごしております。
のっぴきならない事情で、ある日、中部地方内陸部の小都市を訪れました。たまたまその日が、街を挙げてのイベントの日でありまして、獅子舞が出たり、広場で落語やカラオケをやっていたり、街頭に市がたったりしていました。
ぶらぶらと歩きながら、市を冷やかしていましたが、地元の名産品などが販売されている中に、鰻を売っている屋台を見つけました。屋台につけた幟には「浜名湖のうなぎ」と書いてあります。「オイオイ、こんな山の中で浜名湖の鰻かい??」と思いながら、好きな鰻には勝てず、覗いてみました。

hanbai_d.jpg
売り子のおばちゃんによると、「自家養殖の鰻を自分とこの工場で焼いたものだけど、ちょっと傷があるので安く売ってます」とのことでした。値段を見ると、国産養殖鰻でこの値段なら、小売り売価としては確かに安いように思いました。
こんな山の中の街まで来て頑張っているおばちゃんを励ましたい思いもあり、1パック買ってしまいました。

sirayaki_20101026104117.jpg
白焼き3尾入り1900円、お金を払って、写真を撮らせてもらってるうちに、領収書を貰うのを忘れてしまいました。まあ、いいか。

sisyoku_20101026104205.jpg
その日の夕食に、再焼きして、わさび醤油と「わさびこがし醤油 涙(粉末)」という調味香辛料で食べてみました。ガス焼きのようでしたが、けっこう昔の鰻らしい味で、醤油・香辛料どちらで食べたのも美味しかったので満足しました。
いろんな機会を利用して鰻を売っていこうとする鰻養殖業者さんのがんばりに対して、激励と応援の拍手を送りたいと思います。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

巷ではアウトレットが大流行ですが、ネットの鰻でもアウトレット(訳あり商品)が売れているようです

2010年10月10日 12:19

うちの近くの高速道路インターチェンジから、30分ほど車で走ったところにあるインターチェンジを下りたところに、三井アウトレットパークという大規模な施設ができました。内外の有名ブランド衣料品が安く買えると言うことで、連日、大繁盛のようです。高速道路のインターチェンジに近いという事もあって、広い商圏からお客を集めていますが、この施設で買い物をして、他にどこにも寄らず、すぐ高速道路に乗って帰る客が多く、いくら集客しても地元にはほとんどメリットがない。周辺の道路が大混雑し、住民が迷惑を被るだけで、いいことは一つもないと言った状態のようです。

ネットの鰻でもアウトレット(訳あり商品)が売れているようです。一例ですが、大五通商うなぎ工房さんのサイトを見てみると、下記のようになっています。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/unagikoubou/
売れ筋1位 【訳ありうなぎ蒲焼】うなぎ蒲焼1kg不揃いセット 5550円(送料込)
2位 【お試しセット】うなぎ長蒲焼100g×1・蒲焼80g×1・蒲焼きざみ×1・たれ山椒×3 2380円(送料込)
3位 うなぎ長蒲焼(約120g)5尾セット  5050円(送料込)
私は、正規商品も「訳あり品」も食べてみましたが、多少の大小はあるものの、見た感じも味も変わりません。家族で食べるなら、「不揃いセット 5550円」で十分です。この商品が売れ筋トップになっているということは、消費者の賢明さをあらわしていると思います。
アウトレット商品(訳あり商品)は安いですし、消費者には魅力的です。しかし、このことでブランドの値打ちが崩壊しないのか。安い価格になれた消費者は、本来の高価なブランド価格をどう捉えるのか。安いのが売れると、正規品の高いのは、やはり売り上げとしては落ちていくでしょう。正規品の価格帯が維持できなくなる可能性はありはしないでしょうか。結局のところは、売り上げ減少と利益率の低下を招いてしまわないか。私は、先行き、たいへん危険なものを感じるのですが、悲観的すぎるでしょうか。

そういうことで、今回はネットの「訳あり鰻」4商品を試食してみました。
1,上記した大五通商さんの「1kg不揃いセット」・・・関東風の蒸しが入った焼き方なので、柔らかくて食べやすい鰻です。関西風の濃厚な鰻の味はせず、上品なお味がします。値段が安いので、たっぷり食べられるのがいいですね。
daigo_20101010122017.jpg

2,実は、注文の段階では全く気がつかなかったのですが、送られてきて、この二つの商品が同じものだとわかりました。こんなのは初めての経験です。
★陽気なお店:訳あり国産うなぎ蒲焼 360g(3匹)1980円+送料
★ギフトパーク:【訳あり】鹿児島うなぎ蒲焼500g(5尾入り) 3980円(送料込)
どちらも食べましたが、大きさも味も同じでした。それに、小さい鰻にもかかわらず、骨が気になるんですよね、もちろん、どちらもですよ。(あえて写真なし)

3,きゅーぐる:わけあり特大うなぎの蒲焼き(約30cm)3尾セット 2500円+送料
中国産の大きな鰻で、3尾で850gありました。良く焼けており、蒸しも強く入っていて、電子レンジで1分ほどチンするとトロトロになりました。中国産の鰻には、タレがしつこいのがありますが、これはそうではなく、適度な甘さ加減で食べやすいです。輸入者は大手鰻商社なので、商品的には安定していると思います。1尾で3人前の鰻丼や鰻弁当が作れますから、お買い得でしょう。
chugoku_20101010122131.jpg

bentou_20101010122153.jpg


以前から、ネットにおいては様々な鰻が売られており、けっこう当たりはずれがあると思っていましたが、あらためてそのことを確認した次第です。

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。