ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

来年は、デフレから脱却し、暮らしやすい日本にしましょう!

2009年12月20日 06:24

2009年も、残すところ10日あまりとなりました。マスコミでは、今年の10大ニュースとか、今年の漢字とかが話題になっています。ちなみに、今年の漢字は「新」で、新内閣、イチローの新記録、新型インフルエンザなどがあったためだそうです。
鰻業界は、今ひとつ「売れ」が良くなかった年ということで、業界の皆様方は、どのような漢字を選ばれるのか、たいへん興味のあるところです。
私が選ぶ場合は、「暇」という漢字です。このコラムの筆名を「瀬田川暇人」としておりますが、本業を持っている頃には「洒落」ですんだのですけど、定年退職してからは毎日が日曜日の生活で、ほんとに「暇」なんですよね。したがって、「瀬田川暇人」はまさにそのとおりの名前となりましたので、今年の漢字は「暇」となるわけです。(苦笑)

その暇を利用して、スーパー・量販店のストコン、ネット通販(ショッピング・オークション)のチェックなどを頻繁にやってきたんですけど、今年の鰻業界は「話題が少ない」というしかなく、このコラムのテーマにも困る状態でした。
そんななかで、記憶に残っていることを二つ書いてみます。
1,水産庁などの調査船が、成熟ウナギ及び仔魚の捕獲に成功しました。
 http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/090630.html 
何年か後には、鰻の完全養殖が可能になるかもしれないという、明るい希望が持てるニュースでした。
2,私個人として「やったな!」と思ったのは、川口水産さんが自社の養殖場を持ち、そこで育った鰻を「地うなぎ」として製品化しネットで売り出した事です。
 http://www.kawasui.co.jp/fs/kawasui/c/gr75

kawasui

さっそく買ってみました。私が買った時点では送料が無料で、3尾(1尾約120g)3370円でした。1尾当たり1124円ですから、リーズナブルな値段です。
ただし、今後のところで送料が必要になると、ちょっと高くなりますね。
冷凍保存・流通ですが、鰻の味は十分残っていて美味しいです。湯煎して、あつあつを袋から出すと、ぷーんと香ばしい鰻のにおいがしますが、これがたまりません。食べる前から、味覚を刺激します。シンプルな鰻丼にしましたが、美味しくいただけました。
タレはちょっと甘めの私好みの味で、東京の味とは違います。

kawasui2

川水さんは、ネット販売の先駆者の一人ですので、この新しい取り組みを、ぜひ成功させてほしいと思います。

11月20日、政府は日本経済がデフレに陥っていると認めましたが、もっと前から諸物価の値下がりと労働者の首切りや給料の減少は目立ってきていたわけで、デフレと認めるのが遅すぎでした。結果として、症状が軽いうちに対策を打つのではなく、重くなってから対応するという事になったため、なまじの施策ではデフレからの脱却は困難な状況になっています。鳩山連立内閣の腰が定まらないこともあり、有効な施策を打てていないので、展望が見えてきません。
先日来、テレビや新聞などで、事業仕分けが派手に宣伝されましたが、あれは「財政の緊縮」には効果があるのかもしれませんが、デフレからの脱却や景気の浮揚には、なんの役にもたってないような気がします。
デフレで「安くしなければ売れない」状況を克服するためには、「買う人にきちんとお金がまわる」状況を作ることが必要です。
大企業は、いまだに非正規雇用を優先したり、働く人達の首切りや給料引き下げ・ボーナスカットをしています。一方ではいろんな名目で、利益の「内部留保」をしています。「内部留保」を利用して、雇用の確保、給料の維持やアップをすることによって、そこから「お金がまわる」状態を作り出す事ができます。とりあえず緊急に、そのことが大事だと私は考えています。
2009年は、厳しい年でした。来年こそ、総選挙で示された国民の願い=暮らしやすい平和な日本、安心して商売ができる日本=を、みんなの力で実現したいものです。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。