ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

鰻のネット販売は寡占状態、新たな売り手の参入は大歓迎!!

2009年10月18日 06:04

「総選挙での民主党の大勝利」が、日本の政治をゆるがしています。
自民党が中心になってきた戦後の政治が、いかに国民を無視した無茶苦茶なものであったのかが暴露されつつあります。
いまは、矛盾ばかりが国民の目に見える状態にありますが、時間が経つとともに本質が明らかになっていき、それぞれの事象への対処も行われていくでしょう。
しかしながら、現状としては、くらしも経営も厳しい事態が続いていることは変わりません。
鳩山首相には、景気と雇用回復の政策を、緊急に実施して頂くようお願い致します。

話しが変わりますが、このところコンビニが不振と言うニュースが多いです。
たしかにそのとおりで、うちの近くでも、8月の末に2軒のコンビニが閉店しています。
ひとつは、うちの団地の入り口のセブンイレブンで、いつもけっこう客は入っていましたので、閉店する聞いて私はびっくりしました。
もう一軒は、瀬田の唐橋からすぐのところにあるローソンで、たまたま車で前を通ったらシャッターが下りていて、「オイオイ、ここもかい」と、またびっくりしました。
この2例を見ると、そうとう客数が多くないと、経営的にやっていけないのがわかります。
長時間営業では、単価の安い従業員をどう安定的に確保するかが問題で、確保できなければ経営者の家族労働でまかなわなければいけないのですね。
嫁さんが仕入れてきた「街の噂」によると、経営的な問題と同時に労働力の確保もネックになっていたようです。
今年の春頃、石山のほうのコンビニも閉店してますし、、、、、、コンビニというビジネスモデル自体が、時代に合わなくなってきているのでしょう。
鰻業界の一部では、コンビニでの鰻の販売を追求しておられますが、これもなかなか難しい状況になってきたようですね。

スーパーの売り上げは低下傾向から脱していません。コンビニも落ちてきつつあります。
吉野屋などでの鰻丼等の販売は、いいところ夏場の2ヶ月程度のうえ、あまり良い鰻は売れません。鰻料理専門店は、手堅く顧客を囲い込んでおられるでしょうが、広がる条件はほとんど無いようです。

いま、展望があるのは、大げさに言えば「ネット販売」だけでしょう。
数字を上げるまでもなく、ネット販売が年々増加しているのは、みなさんご存じだと思います。
「ビジネスチャンスはネット販売にあり」ですが、現状では、川水さん、浜名湖山吹さん、その他数社の寡占状態にあります。これはもったいない話しです。
消費者側からすれば、ネットでの鰻販売業者が増えれば選択肢が多くなり、結果的に良い鰻、美味しい鰻が手に入りやすくなります。
「うちの鰻はうまいぞ」と自信を持っておられるところがネット販売に参入されることは歓迎されることですから、積極的に取り組んで頂きたいなと思います。

最後に、ネットで売られていた鰻の感想を書きます。
写真の鰻は、鹿児島産の焼き上がり100g程のもので、1尾650円。送料が800円もかかるので、1尾だけ買うというのは間尺に合いません。
3尾買っても、送料を考えると1尾当たり1000円近くになります。ここらがネットで買う時の難しいところです。
unagi222.jpg
rabel.jpg

この鰻の味ですが、美味しくもなく不味くもなく、こんなもんかなーという感じでした。
この鰻の販売に関して気に入らない事が一つだけあります。それは、宣伝文に「1尾約100~120g前後・長さ約25cm前後」とあって、実際は3尾の真空パックで310gだったことです。
たしかに基準内の大きさなんですけど、3尾の最大値360gと最小値300gでは、差が大きすぎます。実際、見た感じかなり小さいので、ガックリきました。
このあたりが、売る方も買う方も、注意しなければいけないところでしょうね。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

頭を柔らかくしてビジネスチャンスを捉えたいものです

2009年10月07日 05:14

9月も半ばになり、スーパーの魚売り場はサンマや戻り鰹などが並び、鰻売り場は狭くなってきています。先日、イオンモールの中のSATYに行きましたが、鰻の値段は土用の丑の時とほぼ同じで、丑以降の相場動向は小売価格には反映していませんでした。
活鰻相場が下落しているということで、活鰻蒲焼が安くなってるかもしれないと期待して行ったのですが、そうはなってなくて残念でした。
鰻の値段は変わらない反面、旬に入ったサンマや戻り鰹、秋鯖、ツバスなどが安く売られていますから、水産全体の中での鰻売上比率は低下するでしょうね。
かくいう私も、鰻を買わずに、戻り鰹1尾680円を買ってきて、刺身とタタキにして食べました。適度に脂がのっていて美味しかったですよ。
680円と言えば中国鰻の値段ですけど、私的には戻り鰹1尾680円のほうに値打ちを感じました。こういう人は、けっこういると思いますね。
katuo

さて、この間の最大の出来事と言えば、誰もが「総選挙での民主党の大勝利」を上げるでしょうね。
予測された事とは言いながらも、それが事実となると、いろんな意味で「ショックが大きい」という状況にあると思います。
国民の多くからすれば、無茶苦茶だった自公政府が倒れたのは良かったけど、民主党中心の連立政権については、良くわからないし不安だというのが、偽らざる気持ちだと思います。
それは相場にも反映しており、日経平均株価は上がったり下がったりという状況になっています。(私の持ってる株は下がるばっかりで、困惑しています)
簡単にはいかないとは思いますが、景気が良くなり、仕事が増え、売り上げが上がり、給料も上がり、生活全般が良くなっていくという状態になるような施策を、新しい政権には期待したいと思います。

3月に定年退職して、いまは雇用保険金で生活しています。
自由な時間が有り余る状態なので、何ヶ所か旅行しました。
パック旅行なので、低料金で食事もついていますが、今、団塊以上の世代に、こういう旅行が人気です。
先日は、一泊二日で上高地に行ったのですが、このツアーはこの日だけで、大阪から大型バス5台、京都から2台出ています。
1台のバスに46名のお客さんが乗ってます。毎日実施されているツアーなので、足し算すればすごい数のお客さんなんですよ。
一泊二日ですから、食事は昼食2回・夕食1回・朝食1回が標準です。だいたい、昼食はどこかのドライブインで「××膳」、夕食と朝食はホテルでバイキングになります。
この間、4回のパック旅行に行っていますが、残念なことに、鰻は一度もメニューにありませんでした。
これって、大きなビジネスチャンスじゃないでしょうか。
もちろん、納入価格の制限とかいろんな条件はあると思いますが、それはどんな食材にでもあることですから、クリアする方法はあるはずです。

ビジネスチャンスというには邪道すぎますが、もうひとつの取り組みをご紹介します。
恵水産楽天市場ショップが、鮪トロ販売の景品に鰻蒲焼をつけています。
http://item.rakuten.co.jp/m-suisan/toku1/#toku1

maguro
これは、鮪のトロを買うのが主な目的で、ついでに鰻も食べようかという人が注文するのでしょう。
あくまで「鰻はおまけ」ですから、全然期待しなかったのですが、うまい鰻でした。
はっきり言って、メイン商材の鮪トロには筋が入っていたりして「うーーん」と思ったのですけど、「おまけ」の鰻は絶賛です。こんだけ美味しいなら、「おまけ」にせずに、ちゃんと売ればいいのにと思いました。

omake
鰻を「おまけ」にするというのは、鰻からすれば残念なことですけれど、食べてくださる人を増やすという点では、ひとつの方法として許容できるのではないかと思います。
売り上げを増やすという点ではこんなことも考えられますということで、紹介してみました。

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。