ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

今年はシラスが豊漁のようですから、消費者としては、早く買いやすい価格になればいいなあと思います。

2009年02月13日 22:23

ここで何度も書いているとおり、私はインターネットでの魚の販売について、日常的にウオッチングしています。
とくに、鰻については、現役のバイヤー時代に鰻を扱っていたこともあり、インターネットでどういう鰻が売られているのか、値段はどうなっているのか、いつもチェックしています。

先日、うなぎ屋譽兵衛さんから、楽天Webショップ閉店のメールがきました。
譽兵衛さんは中国産の鰻を中心に扱っておられましたから、この間の状況から言えば、相当厳しかったと思われます。
なんとかこの厳しさを乗り切ってほしいと思って応援していたのですが、、、、残念なことです。
譽兵衛さん、本業のほうでがんばってくださいね。

「中国製品=悪」というのは、マスコミが作った「虚像」で、決して正しい見方ではないと私は思っています。
消費者・国民は、早くこうした「虚像」から抜けだし、自主的かつ公平にものを見るように(みられるように)しなければ、良い業者さん、まじめな業者さんまでダメになってしまうでしょう。
日本人自身が変わらないといけませんし、当然ですが、そうした「虚像」を作り出したと言えるマスコミは、率先して変わらなければいけないと思っています。

話が変わりますが、最近、インターネット上で、なかなか興味深いことが起こりました。
今年は「シラス豊漁で、池入れは順調」というのが、業界全般の捉え方だと思います。
実際、養殖新聞さんもそういう書き方をされていますし、インターネットを代表する鰻情報サイトの「うなぎネット」さんもそういう書き方をされています。
私自身が友人たちから仕入れた情報を見ても、「今年はシラス豊漁」という捉え方は間違っていないと思います。
ですので、私は自分のブログサイトにおいて、「シラス豊漁」を前提として「今年の鰻の価格設定」についての文章を書きました。
そうすると匿名で、下記のようなコメントが書きこまれました。

「シラスウナギの関係者ですが、そのような認識はまったく有りません。本当に池入れが順調なのか怪しいものです。アンギラジャポニカ種はもう絶滅に近い状態ではないでしょうか?」

これに対して私は「シラスが豊漁という情報は、一カ所からだけでなく、複数の情報としてきいておりますが、偽情報なのでしょうか。」と返しておきましたが、私の返答についての反論は書き込まれていません。

養殖新聞の最新号に「シラス好漁による値下げ期待論で混乱」という情報記事がありました。
さきに書いたことは、この記事に書かれている内容とリンクした動きだろうなあと考えています。
たしかに、高い時に買ったものを持っていれば、それは値下げできないから、なるべくなら下がる時期を遅らせたい(下がるまでに高い原料の製品を売り切りたい)ということは理解できます。
しかし、小売り段階で売れなければなんにもならんわけで、消費者の納得できる価格帯というものがあると思うし、産地や流通も早めにそこへ合わせていただきたいものです。
安い原料のものとミックスして、年間トータルで利益が確保できるように工夫するのが、経営者や営業担当の仕事だと思います。

それにしても「アンギラジャポニカ種はもう絶滅に近い状態」という認識はどうなんでしょうね。
産地では、そのように考えておられる人が多いのでしょうか。
もしそうだとすれば、鰻産業の先行きは真っ暗ですねえ。うーーん、ちょっと深刻。。。。

よへい
最後になりますが、うなぎ屋譽兵衛さんの楽天のお店最終日に、譽兵衛さんの製品でまだ食べたことのない商品を注文させて頂きましたので、試食した感想を書いておきます。

じゅうばこ
★「究極のこだわり!「譽兵衛」蒲焼 重箱サイズ(約150g)」・・・いわゆる「うな重」として食べるサイズだと思うのですが、大きいです。ちょっと一人では食べ切れません。夫婦二人で食べればいいでしょうね。関東風の味付けの柔らかい鰻でした。

unagobodon

★「うなぎごぼう丼の素」・・・説明書に、「卵とじでも美味しい」とあったので、卵とじ丼にしました。美味しいです。夕食にすれば、「ごちそうだ」という感じになりますね。パスタでもいけると思いますし、もうひとつはパスタにして食べてみます。

譽兵衛さん、楽天のお店は閉店されましたが、下記サイトより製品の購入ができます。 http://unagiyayohei.umaiunagi.com/ 
興味のあるかたは上記サイトを訪問してみてください。
譽兵衛さんのサイトに「THEウナギ 雑学豆知識!」というコンテンツがあります。まだ1ページだけですが、今後の充実に期待しています。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

2009年は、消費者にとって、安心して美味しい鰻が食べられる年になってほしいですね。

2009年02月01日 00:05

皆様、あけましておめでとうございます。
1月も、もう3分の2をすぎました。いまさら、昨年の話をしてもしかたないのでスルーして、今年の話をしようと思います。

今シーズンはシラスがたくさん採れていて、製品原価や末端売価も「いつ頃値下がりするか」が話題になる状況で、消費者にとっては美味しい鰻が安く食べられる年になりそうです。養殖業者さんをはじめとして鰻関係者の方も「ほっと一息」という年になりそう(輸入業者の方はしんどいかな?)ですね。まあ、それはいいのですが、それだけですませる年にしてはまずいだろうなあと私は思ってます。

日本の社会が構造的な変革をしつつある(もっとはっきり言えば、アメリカ頼みではやっていけないこととか、消費者無視の経営では破綻がくるということとか)ということは多くの方が感じておられることだと思います。しかしながら、業界としては「今年はやりやすい年」ということで、「変革の時代」にあることを忘れて、いままでとおなじような経営をし続けるならば、時代の流れに取り残され破綻するしかないのです。そういう年であるからこそ、危機に備えることや自主的に変革していくことがいっそう大事になっていると思うし、それができるところだけが生き残れるのだと思います。

正月ですから固い話はこれぐらいにして、巷の販売状況などを書きましょう。
私の住んでいる大津に「イオンモール」という大きなショッピングセンターができました。ここの食品スーパーでは金沢で焼いた鰻が売られていました。この鰻、見かけはきたないけど、いかにも「手焼き」という感じでおいしそう。値段は高いけど買ってみました。
持ってかえって食べてみると、「うまい!!」。これなら、この価格でも納得です。
うなぎ

おもしろいなあと思って買ってみたのが、ご存じ紀州の川口水産がWebで出していた「福袋」です。送料・税込み5000円で、うなぎ白焼き・蒲焼き・うな茶漬け・きざみ鰻・焼き肝・骨せんべい・(おまけに肝煮)が入ってました。Webでの単品価格を合計すると確実にお買い得で、その上「送料税金なし」ですから絶対値として安い!!鰻の好きな人なら、高い確率で手が出る内容と価格でした。
この福袋、商品がたくさん入っているので全部は書けませんが、いくつか食べた分の評価を書いておきます。
まず、予想外に旨いと思ったのが「うな茶漬け」で、ダシがいいのでしょうね。わさびも利いてバッチリでした。鰻の量は少ないのですけど、お茶漬けにして食べると「量が少ない」と感じませんでしたね。
うなちゃ

二つ目は白焼き鰻。川水の白焼きを食べるのは初めてです。袋裏に書いてある通りにポン酢で食べてみました。やっぱり旨いです。ちゃんとした「鰻の味」がします。白焼きは誤魔化しが利かないので難しいのですけど、これなら十分、消費者におすすめできますね。
sirayaki

川水の鰻の質と味は安定しているので、おすすめがしやすいです。経営姿勢もいいし、企画力もあるし、こういう企業にはもっと伸びてもらいたいものです。(川水からいくらかもらってんのとちがうかって?? もらってませんよ、そんなの。)
注文をつけるとすれば、お正月に「福袋」を売るというのはいいと思うんですが、できたら「中身がわからない状態」で売ってほしいですね。「数量限定」で、中身については、最低でも「通常より3割り増し」ぐらいにして、「当たりの袋」は通常の2倍分ぐらい入れる。そういう企画にしてほしいです。
楽しみが増えるのはファンを増やすのにつながるし、それは通常時の売り上げアップにもつながります。正月の取り組みなどは「宣伝」「お客様への還元」を第一に考えた楽しい企画にしてほしいと思います。
川口水産以外の業者さんも、「福袋」みたいな企画に取り組んでほしいですね。
今年はそこそこ儲かりそうな年ですから、消費者への還元で、大胆でみんなが喜べる企画に取り組んで頂きたいと思います。

最後に、最近作った料理で「簡単で美味しい」のを紹介しておきます。
★「鰻蒲焼とトマトの炒めソースパスタ」
ウナスパ

鰻の蒲焼きを適当にカットします。トマトは大きめにカットします。
フライパンに鰻蒲焼きのたれを少量入れて、カットした鰻とトマトをほりこみ、トマトの水分が出てくるまで炒める。(他の調味料は使いません)
スパゲティをゆで、上記の具と一緒にフライパンで軽く炒める。
お皿に移し、ゆで卵をトッピング。熱いうちに食べてください。
鰻のたれの甘みとトマトの酸っぱさが和合して、微妙なおいしさになってます。

続きを読む >

記事 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。