ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「私の住んでいるところのスーパーには、中国産の鰻が品揃えされていませんでした

2007年12月12日 01:12

早いもので、2007年もあと少しで終わります。
いまテレビで、高級料亭「吉兆」の表示偽装問題が報道されていますが、これが象徴的で、この1年はあちこちで、いろんな食品について産地表示や賞味期限の誤魔化しなどがあり、食品の安全性に対する国民の信頼が大きく揺らいだ年でした。輸入物に対する疑惑が、国産品への疑惑にまで広がってきていると言える、まさに危機的な状態になっています。
鰻で言えば、中国産表示の鰻は全く売れなくなり、地域のスーパーでは中国産表示の鰻を品揃えするところが、極端に減少しました。

この間、私はコンビニの鰻弁当やインターネットで販売されている鰻製品について、いろいろ調べたりしていたんですけど、いちばん販売数が多いと思われる地域のスーパーが品揃えしている鰻については、あまり目をつけていませんでした。これはちょっとまずいなあと思って、今回は、うちの近くにあるスーパーの鰻の品揃えを調べてみました。できれば、中国産をきちんと品揃えしていてほしいなあと思いながら、スーパーを回ったんですけど、残念ながら、どこも中国産の鰻はおいていませんでした。
鰻パック

スター(独立系)、フレスコ(地場スーパー)、フレンドマート(平和堂系)、マックスバリュー(ジャスコ系)の4店を回り、鰻蒲焼を買ってきました。すべて、国産表示の鰻蒲焼でした。とりあえず、すべてを少しずつ試食してみました。昔と比べると、ひどい味、美味しいと思えない鰻が少なくなってますね。どれも、鰻蒲焼としての、一定水準の美味しさは確保しています。そういう点では、安心しました。

いま、鰻の国産品シェアは20%だと言われています。80%は、中国産と台湾産なんですね。それなのに、うちの近くのスーパーで売られているのは、国産ばっかりです。これって、なんか変だなーと思われませんか。
あくまで、私の推測にすぎないし、確たる証拠はありませんが、私が買ってきた6本の鰻のうちのいくつかは、中国産や台湾産が含まれていると思います。

私が鰻のバイヤーをしていたのは、もう15年ほど昔になりますけど、そのころの輸入品は、質の悪いのもけっこうありました。試食してみて「こんなん食えるか」と思ったのは、いくつもありましたよ。そのことを思えば、今回試食したウナギは、産地がどこだとかは関係なく、一定水準以上の美味しさを保っています。つまり、中国産、台湾産だから悪いとか、国産だから良いとか言うことにはならない。そんな時代になっているんだと思います。

美味しければ、別に国産にこだわることはないと思うんですけどねえ。
時期によって、中国産や台湾産が美味しいときもあるし、やっぱり国産が美味しいという時期もあると思うのですよ。それなら、臆することなくその点を前面に出して、堂々と輸入物は輸入物の表示で売ったらどうなんでしょ。そうしなければ、いつまでたっても、輸入物に日が当たりませんよ。

試食用に買ってきた鰻ですが、試食分以外はラップにくるんで冷凍庫で保存しておきました。この鰻を解凍して、いろいろな料理で食べたのですが、それぞれに美味しかったですねえ。
定番の鰻どんぶりうなどん

職場に持っていく鰻弁当鰻弁当

鰻茶漬け鰻茶漬け

鰻うどん鰻うどん
などを作りましたけど、鰻うどんだけは料理として失敗でした。鰻そのものは美味しかったのですが、コテコテになってしまって、うどんとしては失敗でした。
鰻は、いろんな料理に使えますし、あまり産地を気にせず、美味しい鰻を売って、消費者の方に満足して食べて頂くようになればいいと思います。
最後に、2008年には、産地偽装や賞味期限偽装、無許可薬品使用問題などが起こらないことを祈ります。みなさま、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。