ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

栗原さんの本に書いた文章です。

2006年05月31日 21:31

栗原さんのサイト「水産雑学コラム」については、fishml会員さんの中から「本にして下さい」という要望がたくさんあり、私もなんどもお願いしておりました。
このたび、中島さんのご尽力もあり、めでたく本になりましたことを、心からお喜びしたいと思います。

本になること自体は、2006年1月に実施したfishml東京ミニオフ会の時に詳しく聞いておりましたので、私としてはできあがりを待つだけでした。
ある日、中島さんから電話があり、なんの用かなあと思って電話に出ると、栗原さんの本に載せる文章を書いてくれとのこと。その場では、いちおうOKしたわけですが、考えれば考えるほど「これはたいへんな仕事だ」という思いが大きくなり、なかなか手が付かなかったというのが実情でしたことを、最初に記しておきます。

インターネット上に、「ワカサギの移植と琵琶湖のコアユ」というページがあります。
 http://www.eonet.ne.jp/~namadu/isyoku.htm
このページが、私と栗原さんの出会いから生まれた最初のページです。
見て頂ければわかりますが、琵琶湖で繁殖するワカサギとコアユの関係についての栗原さんからのメールを、そのまま掲載させて頂いています。
そして、それに対する私の感想なども載せています。

当時、私は京都の生協で、水産物のバイヤーをしておりました。
京都の人に、琵琶湖の魚をたくさん食べて頂きたいという思いから、琵琶湖産のコアユ・小エビ・イサザ・ビワマス・ワカサギなどを仕入れて、お店で売っていました。
ある年、コアユが少なくてワカサギが多いということがありました。
いろいろ聞いてまわったところ、もともと琵琶湖にはワカサギがいなかった。余呉湖のワカサギを誰かが琵琶湖に移したら増えたという話がありました。
この話、私はどうも信用できなかったので、インターネットで調べたら、栗原さんのサイト「水産雑学コラム」の「ワカサギの移植」がみつかったわけです。
だいたい私は向こう見ずなところがありまして、栗原さんが水産の世界ではすごい人だと言うことは全く知らずに、「諏訪湖のワカサギが琵琶湖に移植されたことの真偽」について、栗原さんに問い合わせのメールを出してしまったのです。
どこの馬の骨ともわからない人物から届いたメールに、栗原さんが親切に返信を下さった、その内容が、冒頭に書いたページのものです。
栗原さんとのお付き合いは、この時から始まりました。

生協という消費者の組織に勤めていて、魚の仕入れという仕事をする中で私が切実に感じたのは、「生産者と消費者の間が遠すぎる」ことでした。これを解消するためには、広がりつつあるインターネットを有効に利用することが効果的だと思いました。
そこで、作ったのが「fishml」というメーリングリストです。栗原さんも最初からのメンバーで、いつも重要な役割を果たして下さっています。
栗原さんは、「水産雑学コラム」のあたらしいお話ができたら、いつも「fishml」に紹介して下さいましたので、私を含めてfishmlのメンバーは、そのお話を読ませて頂き、勉強させて頂きました。

ひとことで「水産関係者」と言っても、漁師さん、養殖やさん、市場の人(産地と消費地)、運送の人、加工やさん、研究者、水産行政関係者、餌やさん、小売りやさん、そして食べる人と、さまざまな関わりがあるわけですが、栗原さんの「水産雑学コラム」は、どちらかというと川上側(生産者や研究者より)の立場で書かれています。
これは、栗原さんが鯉養殖の専門家であり、水産試験場長をされていたというお立場から言えば当然のことです。
普通、そういう側の人が書かれた本というのは、けっこう専門的で素人には分かりにくい内容の本が多いのですが、「水産雑学コラム」は決してそうではありません。
それは、栗原さんの人脈と視点の広さに由来するものだと思います。
コラムのいくつかのテーマの中で、私も事実の検証に参加させて頂きました。
「これについて教えて下さい」「これについてはどうでしょう。調べられますか」
末端の一バイヤーにすぎない私の考え方なども取り入れていこうという栗原さんの姿勢については、全く感服させられるところであり、そうであるからこそ「水産雑学コラム」が消費者を含めた川下側の人間が読んでも興味深く、役に立つ内容になっているのだと思います。

いま、水産業の危機が声高に叫ばれています。
水産業は、日本人の食生活を担う重要な産業ですから、崩壊させるわけにはいきません。「水産雑学コラム」を、川上側の方に読んで頂きたいのは当然ですが、川下側、とくにお魚を食べる人=消費者の皆さんに読んでいただき、水産業に対する理解を、少しでも深めて頂き、月に一回でも、お魚を食べる回数を増やして頂ければ、これに勝る喜びはありません。よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

「迷惑メール、顧客との関係、チマキはこれから売れそうな気がする」

2006年05月07日 14:53

ここ1年半ぐらいになりますか、迷惑メールが爆発的に増え、往生しています。
迷惑メールを受け取らない方法の一つに、特定の単語でフィルターをかけるというのがあります。「援助交際」「人妻」「全裸」なんていう単語を設定して、メールにその単語が含まれていれば、そのメールは受け取らないようにできるのです。ところが、敵もさるもの、この頃の迷惑メールは、そういうフィルターにしやすい単語は使わなくなってきました。なんでもないような件名のメールが、中身は迷惑メールだったりするのです。最近では「ありがとうございます」という件名での迷惑メールが山ほど来るのですが、この件名は、けっこう普通に使う件名なんですね。それで、これはフィルター設定できないので、手作業で削除するのですが、10通とか20通とかある「ありがとうございます」という件名での迷惑メールのなかに、迷惑メールでないのが混ざっていたりするのです。ところが、削除ボタンを続けて押していると、このメールまで削除してしまうことがあるのです。実際、そういうことがあって、友人から電話が入り「メール送ったけど、見たか?」と言われて、件名を聞いたら、どうも間違って削除したらしい。もう、平謝りでした。養殖新聞の読者さんからもメールをいただくことがありますが、私はメールをいただいたら基本的にお返事は出すようにしていますので、返答メールが行ってなかったら、間違って削除してしまったのかもしれないと思って頂きたいです。もし、そういう方がおられましたら、この場をお借りしてお詫びをさせて頂きます。

さて、30度を超える日もありましたので、今回は鰻の話をしましょう。
鰻担当のバイヤーに会うたび、「値段、高いんですわ。困ってまんねん」と言われて、私も返答に困ってます。今の値段を聞いてみると、私がバイヤーをしてたころの最高値と同じくらい。あの頃は、バブル崩壊前後で、今ほど不景気では無かった。でも、売りにくかったですから、今はさらに売りにくい状態ですね。中国産の4Pぐらいのが、1尾780円となると、そうそうは売れません。500円を越えるとしんどいです。

ある鰻やさんが、ネット販売を始められました。オープン記念特別セットが安いよと聞いて、注文しました。このセットの中のひとつが「鰻の笹チマキ」、これは美味しかったですよ。
  http://www.rakuten.co.jp/umaiunagi/1008214/

timaki1.jpg


チマキという形態の商品は、今、売れ筋になっています。生協の共同購入でも「焼豚チマキ」が激売れ、「鶏チマキ」もそこそこ売れてます。「鰻チマキ」については、夏場の商品ということで取り扱いを開始したばかりですが、どれだけ売れるか注目しています。

この鰻やさんですが、ネット通販の常道どおり、電子メールでお客さんに情報を送っておられます。プレゼントがあったりオークションがあったり、新しい商品情報が載っていたり、けっこう、見てみようと思わせる内容です。(私も、プレゼントに応募しました、当たればいいなあ。)
通販では、今までにも数ヶ所の鰻やさんから、鰻を買っていますが、メールが来るのは、残念ながら、この鰻やさんだけです。

はっきり言って、美味しい鰻はあちこちにあります。(マズイ鰻もあちこちにあります。)
消費者は、たくさんある美味しい鰻の中から、味・値段・サービス・気持ちよい応対(ネットでも同じ)などを総合的に判断して、「自分にとっての美味しい鰻」を決め、そこの常連客になるのです。
売ったらそれでおしまいではなく、常にその顧客との接点を持つようにし、古い言葉で言う「顧客の囲い込み」をすることが大事です。
特にネット通販の場合は、メールというコストの割安なツールが使えますから、積極的に利用するべきだと思います。もちろん、メールの内容も、消費者にとってメリットになるようなことを掲載することが大事です。(ここで言うメリットは、物質的なものだけではありません。情報も含みます。)
今の時代、待っていて売れる時代ではないことは、多くの方が理解されていると思います。売れる商品の開発、売り方の開発(よその売り方をそのまま自社に持ってきても、それで売れるとは限らない。売れない場合のほうが多い。)、消費者との接点の拡大など、いろんな努力が必要な時代です。がんばりましょう。





記事 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。