ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

病気とのつきあい・・・・会社と家族を守る責任について

2006年04月13日 11:48

桜が綺麗に咲いています。毎年のこの時期には「日本の春は素晴らしい」と思います。
今年も、素晴らしい春が来たのですが、水産業界はいまひとつ春らしさが盛り上がっていないのが残念です。

10年以上まえのことですが、うちに品物を入れてくださっている広島の牡蛎養殖業者さんのところに行きました。
ここのご主人、私よりだいぶ年上の方で、すごくお酒の強い方でした。
赤ら顔で、顔からアルコールのにおいを発散しているような方でした。
食事をしながら話を聞いてみると、朝起きた時には寝起きの酒、朝昼夕と食事の時にはもちろん酒、寝る前には寝酒という具合で、いわゆる「酒浸り」の生活をされていました。とは言っても、牡蛎養殖という仕事はきっちりされていたのですけどね。
「いやー、血圧がたかくてなー。車を運転してても、目が回るんだ」なんて言っておられました。(もちろん、広島弁です)
あとで奥さんに「大丈夫なんですか」と尋ねると、「血圧、250ほどあるんです。心配ですけど、いくら言っても、医者に行ってくれないのですよ」ということでした。

実は、私もけっこう酒好きで、そのうえ太っているため血圧が高いのです。10年近く「降圧剤」を飲みつづけています。薬の効果があって、ずーーと下が80前後、上は130前後で、安定していました。
このところ、医療費や薬代の負担分が値上がりし、2ヶ月に一度の医者通いで、一万円ほどの支払いになるため、半年ほど医者行きをさぼっていました。
私は、高血圧だけでなく、痛風やその他の成人病の予備軍なので、まじめに薬を飲まなければいけないのに、体調が自覚的に悪い訳ではなかったので、医者行きをさぼり、薬も飲まなかったのです。
この原稿の〆切の2週間ほど前から、頭が重くてボーとするのです。歩くのがだるくて、仕事中も眠気に襲われるのです。逆に、夜はきちんと眠れず、夜中に何度も起きてしまうのです。
「おかしいなあ?ずっと血圧を下げる薬を飲んでないので、血圧が上がってるのとちがうやろか」と思って、急遽、医者に行きました。
案の定、下の血圧が104まであがっていました。こんなに上がったのは初めてのことです。降圧剤をもらってまじめに飲んだら、なんとかもとに戻りはじめ、気分良く散歩もできるようになりました。

お酒は美味しいです。飲んで歌って、みんなと騒ぐと楽しいです。人間関係の難しさ、厳しい販売状況、資金繰りなど、いっぱい抱えているストレスも、ちょっとは解消できます。ただし、飲み過ぎると身体によくない。血圧もあがるし、脳卒中などにもなりやすい。これも厳然たる事実です。
漁師さん、養殖業者さんはもとより、水産に関わっている方は、みなさんお酒が好きなようです。
(鹿児島のA漁協に行ったとき、焼酎の一升瓶を横に置かれたのはびびりました。)

養殖新聞を読んでおられる方も、お酒の好きな人が多いでしょうね。
読者の中には、会社の経営者や一家の大黒柱と言う方もたくさんおられると思います。
一生懸命になって仕事をすることは、もちろん大事なことなのですが、仕事に疲れ切って、その疲れを大量の飲酒で紛らわすというような生活をしている方は、たぶんおられないと思いますが、もしおられたらご注意下さい。危険ですよ。
ほどほどにお酒を楽しみ、常に自分の健康を維持するように気を配る、それが会社の経営者や一家の大黒柱の方の責任です。

なんて、かっこいいことを書きましたが、今回は、私自身の体調不良のため、原稿を送るのが、約束より1日遅れとなってしまいました。ごめんなさい。
スポンサーサイト

記事 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。