ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

今年の鰻はチョー高値!! そして、中国との関係で思うこと

2005年05月06日 20:19

JALの度重なる不祥事やJR西日本の大事故など、日本を代表する企業で問題が続出しています。
日本という国そのものが、経済性のみを優先する体質になってしまい、人間性を無視するようなことになってきており、日本を代表する企業の不祥事は、その反映と見ていいのではないでしょうか。
根本的なところから、国として「人間を大事にする」という方向での政策転換をしていかないと、いけないのではないかと感じています。
5月に入って、夏のような暑い日が続いています。
いよいよ鰻の季節だということで、先日、うちの近くのスーパーで、鰻蒲焼を買いました。
中国産の2.5p(もしくは3p)で、1尾980円でした。
いくら大きくても「中国産980円」というのは、ここ数年、見たことのない高値で、ビックリしました。味は?あんまり印象がないです。
J*S*Oの品揃えも見ましたが、中国産の超大型の鰻をサードカットし、3枚パックで1000円でした。
あれを、1切350円で売られても、ちょっと買わないでしょうね。
だから、3枚で1000円にしてるんでしょう。苦し紛れの商品作りという感じです。
J*S*Oの鰻の品揃えは充実していて、「活鰻蒲焼の炭焼き」という美味しい鰻があります。
この鰻、昨年は1029円(税込)だったのですが、今年は1380円(税込)になっていました。34%の値上げですが、これは苦しいですねえ。
スーパーの鰻は、1000円を超えると、極端に売れ行きが落ちます。
中国産なら500円以下で売らないとダメでしょうね。
鰻商戦の本番までには、まだ日がありますが、どのような品揃え・価格政策をとるのか、各スーパーバイヤーの力が、ぎりぎりのところで厳しく試されるシーズンになりそうですね。

「鰻」というと「中国」は欠かせないわけですが、鰻以外でも「中国産」はたくさんあります。
昨年1年間の貿易でいえば、輸入先の1位がそれまでのアメリカを抜き中国になりました。
ひと昔前に、「アメリカがクシャミをしたら、日本は風邪をひく」と言いましたけれど、いまは「中国がアクビをしたら、日本もアクビをする」という、一心同体の関係になりつつあると思います。
先日来、中国での「反日デモ」が大きな問題になりました。
日本が中国を侵略し、中国の人達を苦しめたことは事実としてあったわけで、そのことを誤魔化すわけにはいきません。
そして、それに対する(過激な)反応としての「反日デモ」は、中国側として一定の論理的正当性を持っていたと思うのですが、「破壊活動」や「日本製品不買運動」などは、決して日中両国民の利益になるものではないのです。
そういう点では、デモの押さえ込みをはかっている中国政府の現在の方針は、日中間の現状を正しく見た方針であろうと思います。
日本でも、意図的に反中国の考えを公言する人達がいますが、これは決して日本国民の利益にかなっていると思えません。
今や、中国と日本は、対等平等の立場で両国の経済発展を目指すというつながりができているし、これを崩してはならないのだと思います。

話を「鰻」に戻しますけれど、「活鰻」「加工鰻」を問わず、鰻業界は、中国を無視しては絶対に成り立たないですよね。
中国側としても、日本人の対中国感情や、日本国民の購買力の現状を無視してはいけないと思うのです。
今年の場合、先に書いたように、価格的に厳しい状況にあります。
はっきり言って、今の中国産の値付けでは売れませんよ。
こういう時期こそ、十分に話し合いをして、お互いの状況を理解し合い、「売れる値段」をみつけだすことが、双方の利益に繋がるのではないでしょうか。

ヨーロッパでは、EUという連合体を作り、「域」の利益をはかっているのに、アジア、それも中心になるべき東アジアにおいて、日中韓という大国同士が政治的に反目し合うという不幸な状況になっているのは残念なことです。
日本・中国・韓国が共同体を作れば、国際社会に大きな影響をもたらすことができるし、三国プラス東南アジアという連合では、さらに大きな力になると思います。
こうした展望を持ちつつ、国家間にある現実の障害を、相手国の立場を尊重して、話し合いで解決をはかることが特別に重要なことであると考えています。
2005年5月6日記
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。