ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

販売現場から、輸入魚・養殖魚を考えてみました。

2001年03月29日 07:32

この原稿を書いているのは、3月の末です。
気候は春、桜の花がチラホラと咲き始めています。
なんとなく、心楽しい気分になりそうなのですが、すなおに春を喜べないのが、全国の水産関係者の大半ではないでしょうか。
実際、このところ、ますます末端の売れが悪くなって来ています。
3月26日に、日本チェーンストア協会が発表した2月の全国のスーパーの売り上げ高は、前年同月比6.2%減。27ヶ月連続で、前年同月比マイナスという厳しい状況が続いています。
なんとか、政府に末端消費が上向く施策を取っていただかないと、最悪の事態を招きかねないというのが、現実の状況になってきていると思います。

「養殖」誌の2月号、3月号に、「席巻する輸入魚介類と養殖漁業界の苦難」が特集されました。
時宜を得た企画であったと思います。私も、むさぼり読みました。(^_^;)

私は、末端で輸入魚を販売してきた立場から、輸入魚の導入期から現在の状況まで、私なりに振り返ってみたいと思います。
若い頃、大学の食堂で働いていました。
その頃に使っていた輸入魚は、オヒョウとエビでした。
まだ、ノルウェー鯖は入っていなく、国産の生鯖を使っていました。
今では、オヒョウはほとんどみかけません。
カラスガレイ、浅羽ガレイ、白ガレイなどに変わっていますね。
味は、やっぱりオヒョウのほうが美味しかった。
乱獲で、魚がいなくなってしまったのでしょう。残念なことです。
この頃のエビは、まだ、ブラックタイガーは出まわって無く、大正エビでしたね。
今のように安くなく、どちらかというと贅沢な食べ物だったと思います。

今の職場に変わってからで一番記憶に残っているのは、ノルウェーサーモンの導入です。
なぜ、サーモンを導入したのか、現場サイドから言うと、「切り身の端境期に出てきた」と言うことです。
当時、切身魚のサイクルとしては、秋から冬(10月~3月頃)は、ぶり・鱈・さわら・さば・養殖鯛など豊富な魚種があったのですが、4月ころから夏場にかけて売るモノが無かったのです。
輸入の「キングフイッシュ(皮むきフィレ)」(キングクリップ)がフライにして美味しかったので、この魚を売っていたぐらいでした。
実際、売り場には切身魚が少なく、「丸アジ」「鮎」などの丸魚が主体で、刺身売り場を広げて、生魚売り場を狭めるのが通常でした。
そこに、サーモンが出現したのです。
フライにして美味い。ムニエルにもいい。輪切りで、ステーキにもできる。また、刺身にもできる。
価格も比較的リーズナブル。全く、夏向きの魚でした。
この魚が「輸入」であり、「養殖」であるということや、ノルウェーが国を挙げてこの魚を日本へ輸出しようとしている事などは関係なく、小売りの現場サイドから考えて、全く都合の良い魚だったのです。
この頃、三陸などで養殖された銀鮭も出まわっていたのですが、サーモンと比べると「売る」と言う点で弱い部分がありました。
ひとつは脂肪の含有量の違い、これはもう、圧倒的にサーモンの勝ちです。
もうひとつは、身の色合いです。
この頃の銀鮭は、アスタキサンチンを添加して身をオレンジにするといったことはやられていなかったようで、身色がくすんだオレンジ色だったのです。
サーモンは、明るいオレンジ。並べて売れば、絶対サーモンが美味しく見え、売れ行きも良いのでした。
結局、ブリが終わった後、秋鮭が出まわるまで、切身魚の主力はサーモンになったのです。
この頃、私が心配していたのは、秋鮭もサーモンにやられるのではないかという事でしたが、さすがに、これは価格差(秋鮭のほうが安い)もあり、「国産の鮭」を大事に売ろうという私たちのこだわりもあったため、大きな影響は受けませんでした。

現在の魚売り場、輸入魚と養殖魚がいっぱい並んでいます。(2001年3月末)
ブリの売れる時期がそろそろ終わりますので、売り場の主力がサーモンに変わっていきます。
ほんとは、養殖鯛の切り身を売りたいのですが、このところの相場高で、買いやすい価格設定が難しく、売り場の主力にしにくいのが残念なことです。
もう少しすれば、養殖のスズキ(セイゴクラス)が、安くでまわってくるでしょう。刺身で美味、塩焼きでも美味です。
スズキは、売り場の主力にはなりませんが、主力を補完する商品として大事な位置を占めるようになってきました。
生産量が安定し、価格が安くなることで、いっそう売りやすくなるように望みたいですね。
養殖魚ではないですが、タラが年間とおして売れています。
冬場は生タラで、鍋物用に利用されます。
これからの時期は輸入の冷凍ものを解凍し、フィレにしたものが中心になりますが、フライ・ムニエルに利用されます。
なんといっても、価格が安いのが利点ですね。

丸魚では、早々と養殖アユが並んでいますね。
この魚は、6月に入るとよく売れるのです。
毎年毎年、出荷時期が早くなってきているようで、3月のはじめころから、市場で見かけました。
売り場に置いても、たぶんロスになると思うのですが、競合店がおきだすと、こちらも置かざるを得ないというところがあり、少し無理をして品揃えするというのが実情でしょう。
アユに関していえば、あまり早く出荷しないでと、お願いしたいところです。
淡水魚でいえば、ニジマスもそこそこ売れます。
この種の魚は、値段とサイズのバランスがあえば、かなりの数が売れるのです。
25センチくらいの大きさで、1尾100円売りなら、相当な数が売れるでしょう。
業者さんには、その辺の見極めをして、魚を作っていただきたいと思いますね。

このところ、輸入魚の増加で、国産養殖魚が大きく影響を受けているのですが、売り場サイド・消費者サイドから考えた「魚作り」が、さらに大事になっていくと思います。
産地の養殖業者の方も、消費地のスーパーの売り場がどうなっているのか、よく研究していただいて、需要に見合った魚作りをしていただくようお願いしたいものです。
2001年3月29日記
スポンサーサイト

雑誌「養殖」 コメント: 0 トラックバック: 0

加工品の原料原産地表示が始まります

2001年03月09日 06:52

このところマスコミや業界で話題の「黒船」「世界第2位」の小売業「カルフール」が大阪の泉北ニュータウンに店を出しました。
見に行って来ましたので、まずこれの報告から書きます。
テレビ報道などによると、人気は「パンコーナー」や「チキンの丸焼きコーナー」などで、魚のコーナーの評判はあまり良くないようですが、実際はどうなのか、その辺が一番興味のある部分でした。
結果的には、「やっぱり、たいしたことないなあ。」ということです。
http://www.eonet.ne.jp/~namadu/Carrefour.htm  ←(ここに、感想文を載せておりますので、Internetに接続できる方は見てください。)
やっぱり、フランス人の考え方と日本人の考え方は違うのですね。
全体の構成から見て、水産物はあまり重視されていないようです。
私なら、店からほんの15分程度の所にある、大阪の代表的な漁港である岸和田港のぴちぴちの魚を毎日運び、お客さんに提供するでしょうね。
当然、それが、魚のコーナーの看板になるし、お客さんも喜ぶはずです。
しかし彼らは、全く、そのような事は考えていないようです。
ハイパーマーケットという業態からくるのかもしれませんが、単品大量販売が基本のようです。
たとえば「鰻」。4pか4.5pクラスの加工鰻を山積み、1尾280円。
産地表示はしていなかったけど、たぶん中国産でしょう。
品揃えとして、他の鰻蒲焼もあったけど、ほとんど目立たない。
売るのは、280円の鰻だけ。
味は?・・・・・食べてないから分からないけど、それなりでしょう。
値段の割には美味しいのかもしれませんけどね。
ここには、哲学がない。

この感想を書いた20日後に、今度はfishmlの会員さんたちと、再度見に行きました。
全員の一致した評価としては、やはり「水産売り場は、たいしたことが無い。」という事なのですが、店全体の捉え方については、さまざまでした。
特徴的な意見としては、「日本では考えられない珍しい商品があったり、陳列方法であっり、通路が広く取られたりして、日本のスーパーに慣れた消費者にとっては、非常に刺激的である。」という評価です。
確かに、カルフールには、「非日常性」があります。このことは否定できません。
ここから学ぶべきは何なのか、まだ、私にははっきりしていませんが、日常から断絶した新しい何かを創設しなければいけない時代になってるなあとは感じています。

さて、今月のテーマは「加工品の原料原産地表示」です。
4月1日より、「さば」「あじ」「うなぎ」「わかめ」の4種類の加工品は、原料の原産地を表示しなくてはなりません。
つまり、原料の輸入元の国名を製品に表示することが義務づけられたのです。
ですから、ちゃんとしたメーカーさんなら、きっちりと輸入国名を表示していると思います。
「さば」「あじ」「わかめ」については、基本的に冷凍(もしくは乾物・塩蔵)で輸入されますので、意図的に誤魔化さない限り、表示の上で問題は起こらないでしょう。
問題なのは「鰻」です。
上からのお達しでは、「国産にあっては、国産の表示。輸入であっては、輸入国名を表示」(内容要約)となっているだけで、具体的なことは何も書いてありません。
具体的に、事例の検討をしてみましょう。

中国・台湾で養殖し、現地で蒲焼きにしたものを輸入して販売した場合、当然、それぞれの輸入元の国名が表示されます。(これは単純。)
そしたら、白焼きにしたものを輸入して、日本の加工場で蒲焼にして販売した場合、それはどうなるのでしょう。
これは、どうも「国産」になるらしいですね。(それで、白焼きの冷凍鰻の輸入が増えているとか。)
消費者の立場としては、ちょっと納得できない部分です。

中国・台湾で養殖し、現地で開いて(いわゆる「生開き」)輸入したものを、国内の加工場で蒲焼きにした場合は、どうなのでしょうか。
これは?????

中国、韓国などで採捕されたシラスが、日本に輸入され、日本の養殖場で養殖され(つまり、シラスから成鰻まで日本で育つ)、加工品となった場合には「国産」になりますね。
シラスウナギは加工品の原料になりませんので、「加工品の原料原産地表示」には関係ありません。クロコの場合も同様です。
加工品の原料原産地表示で問題になるのは、成鰻での輸入ですね。
これが、国内の加工場で鰻蒲焼にされた場合、本来なら、輸入国名の表示をしなければいけないと思うのですが・・・・・・問屋さんは、きっちりと選別して出荷してくれるのでしょうか。
輸入国名を明らかにしてくれるのでしょうか。
私自身、一番、問題に思っているのは、この部分です。

鰻には、国籍などないですから、中間流通段階で、意図的かどうかは別にして、国産鰻と混ざってしまったら、もう、わかりません。
経験を持っている人でも、仕入先から「国産もの」と言われれば、輸入品だという明確な証拠を持っていない限り、反論することはできないでしょう。
これは、国内の鰻でも、同じことです。
三河の活鰻が大隅に行き、大隅の問屋さんから出荷された場合、それは鹿児島産と表示される可能性が高いのです。
こうして考えると、産地表示(原産国表示を含む)を実施すると言うことは、相当な困難を伴います。
昨年7月1日から実施されている「生鮮食品の原産地表示」、農水省の調査では、水産関係が最悪だったようです。
http://www.fishml.com/uonoryutu/santihyouji.htm

こうした現状の上での「加工品の原料原産地表示」ですが、はたして、どれだけ実施できることでしょう。
消費者側の私としては、水産分野のそれぞれの関係者や業界の方が、末端が表示しやすいように努力していただけることを期待したいと思います。
春とともに景気が回復する事を願い、今月はこれまでとします。
2001年3月9日記

雑誌「養殖」 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。