ホーム 次ページ >

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「7月27日”土用の丑の日”は一日中暑い日で、まったく「鰻日和」でした。鰻の値段が高くても、そこそこ売れたようですね。

2012年08月14日 10:47

土用の丑の日には、地元の独立系スーパーを中心に、6店舗まわりました。バイクでまわったのですが、とにかく暑くて、信号待ちで止まっていると、露出している肌がじりじり焼けるような日でした。まったく「鰻を食べてスタミナをつけたくなる日和」で、どのお店の鰻売り場にも、鰻を物色するお客さんがおられました。高くても、やっぱりこの日だけは鰻にしようという消費者は多いのですね。ちなみに、値段はどこも似たようなものでした。
今年、面白いなあと思ったことがあります。鰻が超高値になったということで、それを逆手にとって、値段は高いけど美味しい鰻を食べようというアピールが目立ったことです。これは、業態にも係わることで、興味深いですね。
うちの近くに昨年開店した「スター」(滋賀県で数店を展開)というスーパーでは、店頭にて炭で鰻を焼いていました。かなり大きなサイズで、価格は2300円~2500円、相場的にみればリーズナブルな価格設定でした。バイクで店に近づくと、鰻の美味しそうなにおいがして「鰻が食べたい」という気になってしまいます。やはり、店頭で焼いて売るというのは、抜群のパフォーマンスとアピールになりますね。
tentou1.jpg

実は、私も35年ほど昔に、店頭で鰻を焼いていたんです。暑いときの鰻焼きのしんどさが良くわかるし、1尾買いました。「俺も、むかし焼いてたんや。夏、暑いし大変やな。頑張ってや。」と声をかけておきました。職人さん、嬉しそうでしたよ。
tentou2.jpg

6店舗まわったうちの2店舗は、大手チェーン系で、店内の水産作業場には「焼台」がありません。そのため、「焼きたてを提供する」というコンセプトにはならず、安さや製品の良さをコンセプトにしていました。国産が1800円程度の値付けでした。安さのアピールと言うことで、中国産も品揃えされており、大きさによって価格は様々で、イオンの小さめのは1380円、平和堂フレンドマートの超特大は1980円でした。平和堂が、こんなサイズを扱うとは、私にはちょっとびっくりでしたね。

ローカル系の4店舗中の3店舗では、「焼きたて鰻」を提供していました。2店は店内でのガス焼、もう一点が先述の店頭焼です。値段はいずれも2500円前後です。私の見ていたときに限って言えば、中国や国産冷凍鰻より、あつあつの店内焼鰻の方が人気があったようです。消費者にとって、土用の丑の日だけは、「価格の安さ」より「美味しい鰻を食べたい」と言うことが優先されるのでしょう。
こういう時には、「なんでも店内でやってしまう」ローカル系のスーパーが強いですね。大手チェーン系では、水産の作業場に焼台を設置していないところが多いです。(日配・総菜系の作業場にはある)なので、鰻の焼きたてを「水産部門」で提供することができないのです。かといって、この時だけ、総菜作業場の焼台で鰻を焼いて売るということにもなりません。辛いところですね。
pack_unagi.jpg

5店舗で鰻を買ってきて試食してみました。やはり、なんと言っても、店頭での炭焼き鰻が美味しかったですよ。ばつぐんでした。これと比較すると、同じ「あつあつ」でも、店内作業場でのガス焼台で焼いた鰻は、一ランク落ちます。値段は似たり寄ったりですから、買うならやはり「店頭での焼きたて」のものでしょう。といっても、最近、店頭で鰻を焼いているのは滅多に見かけません。見かけたら、絶対に買うべし!!

フレンドマートの超特大中国もの(2Pぐらい?)は、思ったほど味は悪くないし、骨も気にならない、皮も固くなかったです。中国加工の鰻としては、けっこう美味しく食べられました。これと比較すると、イオンの中国鰻は貧弱で、味も一ランク落ちる感じがしました。
消費者から言えば、どの鰻が美味しいのか、見ただけではわかりません。食べてから、不味かったから返品するとも言えません。売る側の方は、消費者の期待に応える鰻を、いつも売り場に並べておいてほしいと思います。
スポンサーサイト

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

半年ぶりに、インターネット販売の鰻をチェックしてみましたが、やっぱり「高いなあ」という印象からは逃れられません。

2012年07月11日 19:18

土用の丑まで、あと一ヶ月を切りましたが、いっこうに鰻の値段は下がりません。
今日付で水産庁から「ウナギ緊急対策について」という方針が発表されていますが、「高騰した鰻の価格に対する対策」としては、すぐ間に合うというものではありません。この方針の中で、業界で「すぐ間に合う」というのは、「養鰻業者向け経営対策」だけかなと思われますが、これはこれで重要なことでしょう。とにかく、今期を乗り切ると言うことが、経営的には大事なことになりますからね。
ネットのニュースなどを見ていると、こんなのがありました。「魚の蒲焼きが活躍/高騰鰻の代役」ということで、スーパーの魚売り場には、「さんま」「穴子」の蒲焼きが並んでいて、けっこう売れているとの写真入りの記事です。スーパーの担当者によれば「鰻は前年の半分。空いた売り場に、苦肉の策として魚の蒲焼きをおいている」と言うことです。国産鰻の大サイズなら1尾2000円前後ですが、サンマは1尾150円、穴子は1尾380円とお安く買いやすいということですね。(なんか、寂しい話ですよ)
いま、私がいちばん懸念しているのは、消費税の増税が実施されれば、全体として消費者は財布の紐をいっそう固くするだろうということです。鰻の値上がりに続くこの事態は、業界に取って「重ねての重大な事態」であると言わざるを得ません。なんとか、消費税の増税は、やめてもらいたいと思っております。
さて、土用の丑を前にして、今回は久しぶりにインターネット販売の鰻をチェックしてみました。実は、鰻のインターネット販売も細り続けており、前回のチェック以後、半年たっていますが、撤退する業者はあれど、新規参入する業者は皆無と言っていい状態です。
今回の「チェックその1」は、「ギフト用鰻」の半年前との比較になります。
◎お歳暮時の規格・価格は下記のとおりでした。
【鹿児島県うなぎの里★極上大蒲焼きギフトBOXセット(約160g×1本)+蒲焼き(カットタイプ50g~60g×4枚)たれ・山椒・お吸い物付】送料・税込み 4,910円
◎父の日の規格・価格は下記のとおりでした。
【鹿児島県うなぎの里★極上大蒲焼きギフトBOXセット(約160g×1本)+刻み蒲焼き(60g×2枚)たれ・山椒・お吸い物付】送料・税込み 4,800円
oosumi.jpg

売価設定は半年前とほぼ同じで、中身が変わっています。半年前の規格の「カット鰻4枚」というのは、消費者にとっては、ほぼ鰻1尾分と思えます。つまり、消費者にとっては「鰻2尾で5000円ぐらい」という受け止めになり、高いと思いつつ、それなりに納得できるものでした。
今年の「父の日」の規格は、「鰻1本+刻み鰻が2パック」です。「カット4パック」を「刻み2パック」にして、値上がり分を吸収したのですね。 規格作りに苦労されているのが良くわかります。こんな書き方をするのは気が引けるのですが、「刻み鰻」は、どうしても「規格外品の商品化」というイメージがありますから、160gの鰻1本+刻み2パックで4800円という設定は、消費者にとっては高くて納得しきれないものになっていると思います。
「チェックその2」ですが、「愛知県産鰻の白醤油焼き×3本 約400g 4260円」の商品です。
sirayaki_20120711191544.jpg
この商品は「訳あり」ということで、お買い得価格になっています。箱に裸冷凍の鰻が3尾入っていました。そのうちの1尾は、まんなかあたりで折れていました。「オイオイ、大丈夫か」と思ったんですけど、ちょっとタレをかけて焼きなおし鰻丼にしたら、けっこう美味しく食べられました。たしかに、お買い得ではありましたよ。
sirayaki_donburi.jpg

インターネット上では、数は減ったとはいいながら、いろんな鰻が売られていて、「当たり外れ」がありますし、営業実績の長いお店で買うのがいいですね。

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

高値でも、鰻の品揃えをはずせないスーパー。どんな売り方をするのかが問われています。

2012年06月18日 17:41

(最初にお断りしておきます。この文章を書いたのは、2012年5月21日です。)

温かくなったので、外に出るときは車よりバイクに乗ってることの方が多いです。唐橋の魚伊さんの前あたりを通ると、店舗横の作業場で鰻を焼いている美味しそうなにおいが漂ってきますし、「鰻、食べたい!」と一瞬思います。
このところ、気温が25度を超えて、Tシャツだけで過ごせる日もあります。いよいよ、鰻の季節に入ってきました。
依然として、鰻の値段は高いです。それでも、スーパーとしては、これからの季節において鰻の品揃えを外すわけにはいかないでしょう。しかし、「高い値段」では売れないのは自明です。いかに「安く」かつ「買いやすい」商品を作るのか、企画と商品作りの実力が試されるところですね。
今回、5店舗を巡回し、商品作りなどを調べてみましたが、1店舗だけは従来と変わらない売り方(1尾をそのままパックして販売)でしたが、その他の4店舗は、それぞれ工夫がされていました。ひとつずつ検討してみましょう。
食べやすいようにと言うことで、切り身にして提供しているところが3店舗ありました。

cut-half.jpg
これは、国産のハーフカットを切り身にしたもの(頭付き)で、798円です。量的には、1人前の丼には多いけど、2人前には少ない感じです。味は良かったし、買って損をしない製品だと思います。

kireteru1.jpg
上は、中国産の鰻を切り身にしたもので、1280円です。大人二人と小さな子ども一人分の鰻丼が作れそうですね。味はまあまあでした。普通、タレは1尾あたり1袋ですが、2袋入っていたら嬉しいなあと思いました。
下は、中国産の大きめの鰻で、2人前の表示になっています。価格は698円と安いです。しかしながら、食べてみると大味で、鰻の味がありませんでした。うーん、なんででしょうね。

halh.jpg
これは国産のハーフカットで、1000円です。このスーパーチェーンが、産地加工場に依頼して作っている製品です。下記の写真が、これで作った鰻丼ですが、一人前には十分です。味は、まあそこそこと言うところでした。値段が高いので、おすすめとは言いにくいですね。 
donburi_20120618173457.jpg

sugata.jpg
唯一、姿のままで売られていたのがこれです。中国産の5.5Pぐらいの鰻で、798円です。いまの相場から見て、ちょっと安すぎるような気がするのですが。。。。

「売れる価格帯」という問題と、「商品の見かけ」の問題と、「食べる量」との関係が、非常に難しいレベルになっていると思います。
今回の5店舗巡回で、「これが正しい」というような結論は、私のところでは出せませんでした。(当然でしょうが)
試行錯誤しながら、売れ筋商品を作り出すということでしょうが、ひとつだけお願いしたいのは、「不味い鰻は売ってほしくない」ということです。今回も、一点だけですが、不味いのがありました。はっきり言って、これにあたるとゲッソリしますし、お客さんを減らす原因になります。国産・中国産にかかわらず、美味しい鰻を提供して下さるようお願いしたいと思います。

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

瀬田の唐橋の西側で150年も営業しているという『うおい』さんの『ねぎ・う・丼』(うなぎ丼)を賞味しました。

2012年04月14日 05:53

やっと咲き始めた桜のもとで中学校の入学式があった日に、滋賀県屈指の観光地である瀬田の唐橋の西側で150年間も営業しているという川魚料理店「うおい」さんへ、鰻蒲焼を食べに行ってきました。
「瀬田唐橋畔・川魚問屋うおいホームページ」 http://www.e-uoi.com/

「うおい」さんは、自社でエリ(琵琶湖特有の定置網)を持っておられます。昔は、このエリで獲れた天然鰻を蒲焼きにして、お客さんに供されていたのでしょう。
残念ながら、高度成長下で琵琶湖の環境が変化し、またブラックバスやブルーギルなどの外来魚が増加したこともあって、特に琵琶湖南部ではエリでの漁が難しい状態になっています。琵琶湖の鰻の場合、淀川水系でのダムの建設などで大阪湾からのシラスの遡上が難しくなり、天然鰻そのものがいなくなってしまいました。いま琵琶湖で獲れる「天然鰻」は、滋賀県水産試験場が他産地のシラスを育て放流したものが、琵琶湖の自然条件の中で大きくなったものです。そんなことで、「うおい」さんでは、四国や宮崎で養殖された活鰻を、紀州備長炭で焼いて提供されています。
UOI1.jpg


ドアを開けて入ると、そこは販売コーナーになっています。店舗横にある作業場にて紀州備長炭で焼かれた鰻蒲焼や、鮒寿司、湖魚佃煮などが販売されています。二階がお食事処になっており、お昼12時から夜8時までの営業です(木曜日が休み)。私は開店してすぐに入りましたが、すでに二階には3組のお客さんが入っておられました。一組は常連さんのような感じで、もう一組は中年の女性観光客二人、もう一組は若い男女でした。客層は固定していないなあと思いました。ここが観光地である故かもしれませんね。
UOI3.jpg

UOI2.jpg



メニューは、お昼のランチ(鰻弁当)950円、ねぎ・う・丼(うなぎ丼)松 鰻蒲焼1匹付 3400円、同・竹 鰻蒲焼3切付 2500円などです。私は、「竹」を注文しました。
UOI4.jpg


南部鉄鍋に入れた鰻丼に、京都特産の九条ネギをのせて、固形燃料で下から焼いています。ご飯は滋賀県産のお米です。奈良漬とお味噌汁がついています。食べる前は、「鰻とネギってあうのかな?」と疑問だったのですが、食べてみると全く違和感なく、美味しく食べられました。鰻はもちろん、炭焼き鰻の味で美味しいです。特筆すべきはお味噌汁の美味しさです。たぶん、セタシジミが使われているのでしょうが、市販のシジミ(ヤマトシジミ)より味が濃厚でした。(以前は、お味噌汁のおかわりができたらしい。いまはどうか不明。)
UOI5.jpg


はっきり言って、以前、下の販売コーナーで買った鰻を家で温め直して食べた時より美味しかったですよ。やはり、お食事処では、焼きたてが食べられるメリットがありますね。
ネットで見ていると、以前のこのメニューは2000円だったようです。それがいまは2500円。鰻価格が暴騰していますから、この程度の値上げはしかたがないのかもしれませんが、食べる側からみれば、残念なことです。
「川魚問屋うおい」さんのある瀬田の唐橋の近辺には、建部大社・石山寺・岩間山正法寺・幻住庵・湖南アルプスなど、観光地がいっぱいあります。また、「うおい」さんに頼めば、舟に乗ってエリ漁の見学などもできます。周辺の観光地に行った後、瀬田川の散歩とあわせて、「うおい」さんでお昼ご飯を頂くのもいいでしょうね。ぜひ、滋賀県においでください。

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

鰻は庶民の食べ物では無くなりました。でも、好きな人は買っているようですよ

2012年03月15日 08:40

3月10日付の西日本新聞朝刊(宮崎版)が「ウナギ稚魚 過去最低量 今季シラス漁終了」という記事を掲載しています。それによりますと、水揚げは過去最低の計251キログラム、平均価格は過去最高の1キログラム182万円。このような状況のもとで、宮崎県内の養殖業者42のうち、今季必要な量を確保できたのは12業者のみ。22業者は足りなかったか、高値のため購入量を減らした。8業者は全く購入できなかったということです。これは宮崎県の状況ですが、他の地域でも大きくは変わらないと思われます。
3月5日付の養殖新聞一面には、「利根川や浜名湖等採れる」と言う記事が載っていますが、残念ながら状況を大きく好転させるまでには至っていないようです。
今期の鰻商戦は、きびしい状況で推移すると見るのが正解でしょうね。

末端では、鰻1尾そのままでは「売れる価格」にならないため、「カット」「スライス」「極小サイズ」などで、なんとか「消費者サイドでの”買える値段”」に合わせていく企画・商品作りの努力がされています。しかし、ここまで原価が高くなってしまったことで、利益を確保しつつ「売れる値段」にする商品作りが、結果的に「見栄え」や「食べ応え」という点で商品としての魅力を無くしてしまい、売れない商品になってしまっていることも見かけられます。これではまずいですよね。それでは、どうすればいいのでしょうか?

滋賀県にハズイというローカルスーパーがあります。草津を中心に3店だけのチェーンなのですが、安くて品揃えが良いと言うことで、繁盛店になっています。うちからは少し遠くになるので、たまにしか行くことがありませんが、鰻相場高騰のもとで、ハズイはどういう売り方をしているのか興味があり、久しぶりに行ってきました。
ハズイの鰻は、活鰻の店内焼きが主力です。焼きたてをパックして、平台に並べて売っています。面白いことに、1尾ずつ値段が違うのですね。焼き上がった鰻を1尾ずつ計りに乗せて、値段をつけているんだと思われます。
行く前は、この高値のもとでは、鰻の販売コーナーを狭めているかとも思っていたのですけど、以前と同じ場所・スペースで販売していました。売り方もまったく変わっていません。ただ、「売値が高くなった」だけなのです。(高くなったと言っても、相対的に見れば、他のスーパーより安い水準です。)原価が上昇しているからといって、なにか「妙手」を使って販売促進するという考え方は、まったく持っておられないようです。売り場を狭めていないということは、以前と比べても、そんなに売れ数が落ちているということではないと推測できます。たぶん、「ここの鰻は美味しいから」と買いに来るお客さんが多いのでしょう。「少々高くなっても、ハズイの鰻なら安心して食べられる」というように考えてくれるお客さん、いわば「ファン」ですね。そういうファンが多いのでしょう。これは、普段から「美味しくて安い」商品を売ることによって作られた評判が育てたものと言えます。

今日、ハズイで買った鰻は下記のようなものです。
unagi_pack.jpg

国産ガス焼き鰻(店内焼)タレ付き 155g 1830円 ちょっと焼きすぎのようで、少しぱさつき感があるが、活鰻の味は残っている。明らかに中国鰻とは味が違う。
中国産鰻(加工場表示なし)タレなし 180g 1435円 鰻にかかってるタレが多い。タレがかなり甘く、鰻の身はとろとろで「うん、これは中国やね。」という感じがした。
cut.jpg

私的には、中国鰻の値段には納得できませんが、国産鰻を店内で焼いたこのサイズ(4pか?)が1830円なら、このご時世、なんとか納得せざるを得ないのかなと思います。今日、感じたことは、ふだんから「美味しいもの(良い物)をできるだけ安く売る」という姿勢を貫くことが大事だということでした。単純なようで難しいことですが、努力したいものですね。
donburi_20120315083848.jpg

瀬田川暇人 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

プロフィール

瀬田川暇人

  • Author:瀬田川暇人
  • おさかな、たくさん食べて下さいね

月別アーカイブ

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。